統計学の手法で言うところの第1標準偏差、第2標準偏差を用いて線を上下動に引いて作られる。第1偏差値(内側の補助線)にはさまれたゾーンには68%の確率で、第2偏差値(一番外側の補助線)にはさまれたゾーンには約95%の確率で価格が収まるとされている。