成立した売買約定の数量のことで、売買高とは区別する。例えば、売り100枚と買い100枚が成立した場合、売買高は200枚、出来高は100枚となる。同義語は「出来高(できだか)」、「取引高(とりひきだか)」。