(ふぁんだめんたるずぶんせき)

景気、生産量、在庫量、生産費用、消費量、天候など、価格に影響を及ぼすさまざまな材料を分析し、将来の価格動向を予測することをいう。