一定方向に動く安値と安値、高値と高値をラインで結ぶことで、長期的な価格の動きを把握するのに用いられ、ラインを結ぶと形が三角形になっていることからこう呼ばれる。日本語では「三角保合い」ともいう。