広くは価格の開き全般のことをいい、最も高い買い指値と最も安い売り指値の開き、現物と先物価格の価格差、限月間・市場間の価格差など、様々な場合に用いられる。 なお、商品先物取引では、特に断りがない場合、同一銘柄の限月間の鞘取引をスプレッドと呼ぶ。