テクニカル分析のオシレーター系売買指標の一つ。 過去一定期間の価格レンジにおける現在の価格の相対的な位置を示す指標で、0%~100%の値をとる。 反応の早い%K、反応の遅い%D、%Dの移動平均でさらに反応の遅いS%D があり、それぞれ75%以上は買われ過ぎ、25%以下は売られ過ぎと判断する。 また、逆行現象も天底の可能性を示唆するものとして注目される。