投資家心理に基づき、買われすぎか売られすぎかを判断するときに利用する。一般的に、直近12日の価格を抜き出し、それぞれ前日値と比べて価格が上回っている確率がどのくらいあるかを見ることで売り買いの過剰を判断する。