一日の取引における最終値段のことをいう。価格の動向を見るための特に重要な指標であり、特に高値や安値を更新した価格や大台が替わった価格でのクローズとなると、取引のレンジが変わる可能性が強まる。 また、期間は1日間だけではなく、午前と午後、1週間、1ヶ月単位などでも使用される。 なお、NYMEXの価格表等で”S”と表示されるのは、”Settlemet”の略で、最終取引値段とその直前の約定値段を平均した帳入値段のことをいう。