(えりおっとはどう)

パターン・比率・時間の3つの重要な側面があり、一定の波の形状をしており、5つの上昇波の後、3つの下降波という反復を繰り返す性質があるとされている。