(ウィリアム・パーセント・アール)

RSIの考え方に基づいており、一定期間の価格変動幅の中で、直近の終値が相対的に、どのレベルにあるのかを測定する指標のこと。