売買指標の一つで、ラリー・ウィリアムズ氏が考案したオシレーター系指標。逆行現象の発生を基本的な判断方法としており、売りなら60%以上、買いなら40%以下の状態における逆行現象の発生をもって逆張りサインとしている。