(おそじも)

「晩霜」と書き、「ばんそう」とも読む。北海道では、5月下旬から6月中旬にかけての小豆など豆類の発芽や初期生育の時期に霜が降りると、潰滅的な打撃を受けることとなる。降霜の時期が早ければ播き直しも可能だが、遅ければそれも出来ないので要注意。異常低温・快晴の夜など霜注意報が管区気象台または測候所から出されたときは、古タイヤなどを燃やして煙により降霜を防ぐ方法が講じられる。