(おかめそうば)

中限が当限および先限に比べて安い相場、前場または後場もしくは一日中のうち初めと終わりが高くて中間が安い相場のことで、「おかめ」、「お多福(おたふく)」または「裏天(うらてん)」ともいう。