相場を自分の思いどおりに動かそうとして多量の売買をしたり、策動したりして相場を変動させることで、普通は横ばいか、または下がり気味の相場を無理につり上げる場合の「買いあおる(かいあおる)」と同意義に用いられる。