MENU
カテゴリー

マイル向けクレジットカード決定版!ANA・JAL・陸マイラーの3タイプでオススメのカードを厳選

※当記事では、年会費などの金額表記を、原則すべて税抜価格で表記しています。

マイルが貯められるクレジットカードはたくさんありますが、発行する価値のあるマイル向けクレジットカードは多くありません。

この記事では、JALマイラー向き・ANAマイラー向き・陸マイラー*向きの3パターンに分けて、厳選したクレジットカードを比較しながら紹介します。

※陸マイラーとは、飛行機に乗ることなく、クレジットカードを駆使したりポイントサイトを活用したりすることでマイルを貯めている方を指します。

マイル向けクレジットカードの比較だけではなく、カードの選び方やマイルの基礎知識なども合わせて説明しますので、参考にしてみてください。

目次

マイルを貯めるクレジットカードの選び方

マイルを貯めるクレジットカードを選ぶとき、まずは「どのような流れでマイルが貯まるか?」を知るとスムーズです。

クレジットカードでマイルが貯まる仕組み

クレジットカードでマイルが貯まる仕組みは、おもに以下の2パターンです。

  1. カード決済をして貯めたポイントをマイルに交換(中には直接マイルが貯まるカードもあります)
  2. 指定のカードを保有することで飛行機搭乗時に+αでマイルがもらえる

とくに大切なのは1つ目のパターンです。

マイルが貯まりやすいカードを発行し、日常生活での支払いに利用するだけで、マイルが貯まっているという状態になります。

2つ目のパターンは、それほど意識しなくても大丈夫です。

飛行機に乗って貯まるマイル数は、東京〜北海道を月2回で往復するような人だとしても、1年間で50,000マイルほど(ハワイ1往復分くらい)が限界です。

カードを保有して+αでもらえるマイルは少ししかありません。

マイルを貯めるならマイル還元率1.0%以上のカードを選ぶ

クレジットカードでマイルを貯めるときの最重要なことは、マイルが貯まりやすいカードを選ぶことです。

カードを選ぶ際には、ポイント還元率=マイル還元率ではないことに注意しましょう。

楽天カードだと100円ごとに1楽天ポイント貯まりますが、楽天ポイントとANAマイルの交換レートが2:1なので、楽天カードでは100円ごとに0.5マイルしか貯まりません。

マイル還元率が1.0%未満のため、マイルを貯める目的で楽天カードを保有するのはオススメできません。

※楽天カードのようにポイント還元率が1.0%以上だったとしても、マイルに交換することを考えると0.5%になる、というようなカードはたくさんあります。

最低でも、マイル還元率が1.0%(100円ごとに1マイル)以上のカードを選びましょう。

この記事で紹介しているカードは、すべてマイル還元率が1.0%以上*なので、安心して発行してください。

※マイル還元率は100円決済ごとにどのくらいのマイルが貯まるかを表すものです。100円ごとに1マイル貯まる場合にはマイル還元率1.0%と表現します。
※一部、追加のオプションに加入することで1.0%になるカードもありますが、その旨を記載しています。

マイル向きおすすめクレジットカード

マイル向きのクレジットカードをJALマイル向け・ANAマイル向け・陸マイラー向けの3つに分けて紹介します。

JALマイル向けクレジットカード

1.JAL普通カード

JAL普通カード
国際ブランド Visa
Master
JCB
AMEX
年会費 初年度 無料
※AMEXのみ6,000円
2年目〜 2,000円
※AMEXのみ6,000円
還元率 常時 0.5%
最大 1.5%
追加カード 家族 1,000円
※初年度無料
※AMEXのみ2,500円
ETC 無料
※発行手数料1,000円
発行スピード 通常4週間
電子マネー QUICPay
Suica
PASMO
WAON
付帯保険 海外 最大1,000万円
※AMEXのみ最大3,000万円
国内 最大1,000万円
※AMEXのみ最大3,000万円

JAL普通カードは、カード決済のみでJALマイルを貯めたい方で、できる限りお金をかけたくない方向けのカードです。

通常のマイル還元率は0.5%ですが、年間3,000円を年会費に上乗せすることで、マイル還元率を1.0%と高還元率にできます。

JAL普通カードは6種類ありますが、自分がよく利用する電子マネーに対応したカードを選ぶことで、より便利かつマイルを貯めやすくなります。

Suicaを使うならSuicaで、PASMOを使うならOP、WAONを使うならTOKYU POINT ClubQを選びましょう。

年会費は2,000円ですが、初年度の年会費は無料です。

\ 今なら最大1,850マイルもらえる/

>>>JAL普通カードはカード決済でコスパよくJALマイルが貯まるクレジットカード!

2.JAL CLUB-A カード

JAL CLUB-A
国際ブランド Visa
Master
JCB
年会費 初年度 10,000円
2年目〜 10,000円
還元率 常時 0.5%
最大 1.5%
追加カード 家族 3,500円
ETC 無料
※発行手数料1,000円
発行スピード 通常4週間
電子マネー QUICPay
Suica
PASMO
WAON
付帯保険 海外 最大5,000万円
国内 最大5,000万円

JAL CLUB-Aカードは、日常のカード決済ではなくJALグループの航空券を購入したり、JALグループ便に乗ってJALマイルを貯めたい方向けのカードです。

カード決済時のマイル還元率は下位カードであるJAL普通カードと同じです。

しかし、JALグループ便のチケット購入時の還元率は上位カードのゴールドカードと同じです(※AMEXは除く)。

その上、JALグループ便の利用時やカード継続時にもらえるマイルも、上位カードのゴールドカードやプラチナカードと同じです。

1年間に20,000マイル*以上、JAL便に乗るならJAL CLUB-A カードがおすすめです。

それほどJALを利用しないなら下位カードのJAL普通カードを検討してみてください。

※20,000マイルの基準:羽田〜伊丹:40往復・羽田〜那覇:10往復・成田〜バンコク:3.5往復・成田〜ホノルル:2.5往復・成田〜フランス:2往復

JAL CLUB-Aカードは5種類ありますが、自分がよく利用する電子マネーに対応したカードを選ぶことで、より便利かつマイルを貯めやすくなります。

Suicaを使うならSuica、PASMOを使うならOP、WAONを使うならTOKYU POINT ClubQです。

\ 今なら最大7,050マイルもらえる/

>>>JAL CLUB-A カードはフライトのみでJALマイルを貯めるのにコスパ抜群なJALカード

3.JAL CLUB-A ゴールドカード

JALゴールドカード
国際ブランド Visa
Master
JCB
年会費 初年度 16,000円
2年目〜 16,000円
還元率 常時 1.0%
最大 2.0%
追加カード 家族 8,000円
ETC 無料
発行スピード 通常4週間
電子マネー QUICPay
Suica
PASMO
WAON
付帯保険 海外 最大5,000万円
国内 最大5,000万円

JAL CLUB-A ゴールドカードは、日常生活でのカード決済とJAL便搭乗時のどちらでもJALマイルを貯めたく、空港ラウンジなどの付帯特典も求める方向けのカードです。

JALマイル還元率は常時1.0%と高還元率なので、カード決済でマイルを貯めやすいです。

JALグループ便の利用時にはフライトマイルに+25%も上乗せしてマイルを獲得できます。

付帯特典は旅行保険や空港ラウンジ特典などひと通り充実しており万能なので、このカードがあれば旅行時に活躍すること間違いなしです。

ゴールドカードなのでもちろんステータス性もあります。

JAL CLUB-Aゴールドカードは7種類ありますが、自分がよく利用する電子マネーに対応したカードを選ぶことで、より便利かつマイルを貯めやすくなります。

Suicaを使うならSuicaで、PASMOを使うならOP、WAONを使うならTOKYU POINT ClubQです。

また、JAL CLUB-A ゴールドカードにはダイナースやアメックスもあります。

ダイナースでは年会費は12,000円上がりますが、世界中の空港ラウンジが利用できるようになったり、ダイニング系の特典が充実したりします。

アメックスでは年会費が3,000円上がりますが、JAL便の航空券購入時のポイント還元率が+αになったり、グルメ系・旅行系の特典が充実したりします。

\ 今なら最大8,050マイルもらえる/

>>>JAL CLUB-A ゴールドカードはカード決済とフライトどちらも効率的にマイルが貯まる万能クレジットカード

4.JALプラチナカード

JALプラチナカード
国際ブランド JCB
AMEX
年会費 初年度 31,000円
2年目〜 31,000円
還元率 常時 1.0%
最大 4.0%
追加カード 家族 15,500円
ETC 無料
発行スピード 通常4週間
電子マネー QUICPay
WAON
付帯保険 海外 最大1億円
国内 JCB:最大1億円
AMEX:最大5,000万円

JALプラチナカードは、年間で50万円以上JALの航空券を買う方もしくはコンシェルジュサービスを利用したい方向けのカードです。

JALプラチナカードのマイル還元率は下位カードのJAL CLUB-A ゴールドカードと同じで1.0%ですが、JALグループ便の航空券入時には4.0%とゴールドカードの2倍(※AMEXは除くになります。

他のJALカードと比較したときに、損益分岐点がJALグループ便の航空券購入金額が50万円以上かどうかなので、50万円以上なら迷うことなくプラチナがおすすめです。

JALプラチナカードには国際ブランドがJCBとAMEXの2パターンありますが、基本的にはJCBがおすすめです。

JCBならWAONと紐づけられるので支払いの幅が広がり、さらに旅行保険がAMEXよりも充実します。

\ 今なら最大10,550マイルもらえる/

>>>JALプラチナカードは豪華特典&JALマイルが効率よく貯まる魅力的なJALカード

5.セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド AMEX
年会費 初年度 20,000円
2年目〜 10,000円
※前年度200万円以上決済
還元率 常時 1.125%
最大 1.375%
追加カード 家族 3,000円
※4枚まで
ETC 無料
発行スピード 最短3営業日
電子マネー QUICPay
楽天Edy
付帯保険 海外 最大1億円
国内 最大5,000万円

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(以下、セゾンプラチナ・ビジネス)は、JALマイル還元率が1.125%とJALカードを凌ぐ高還元率カードです。

JALの飛行機をそれほど利用せず、ショッピング中心でJALマイルを貯めるなら、JALカード以上にオススメです。

高還元率なのはもちろんのこと、プラチナカードなので付帯特典も魅力的です。

24時間365日、専任のスタッフが対応してくれるコンシェルジュサービス世界中で1,300もの空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスが無料で付帯します。

付帯しているプライオリティパスは、年間$429(46,000円ほど)かかる最上位のプレステージ会員ですので、これだけでも年会費以上の価値があります。

※2020年6月時点、1ドル107.37円換算で計算

通常の年会費は20,000円ですが、年間の利用額が200万円を超えると次年度の年会費が10,000円に割引されます。

ビジネスカードですが個人でも発行でき、さらにインビテーション不要なので、誰でも申し込むことが可能です。

\ 今なら最大10,000円相当もらえる/

>>>最強すぎるコスパ!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは高還元率&特典充実のコスパ抜群カード

JALマイルが貯まるカードをよりしっかり探したい場合には、以下の記事を参考にしてください。

>>>おすすめのJALカードを徹底比較!選び方やその他JALマイルが貯まりやすい陸マイラー向けカードまで紹介

ANAマイル向けクレジットカード

1.ANAアメリカン・エキスプレス・カード

ANAアメックスカード
国際ブランド AMEX
年会費 初年度 7,000円
2年目〜 7,000円
還元率 常時 1.0%
最大 1.5%
追加カード 家族 2,500円
ETC 無料
※発行手数料850円
※5枚まで発行可能
発行スピード 通常1~3週間
電子マネー QUICPay
楽天Edy
付帯保険 海外 最大3,000万円
国内 最大2,000万円

ANAマイルの有効期限を気にせずコツコツとマイルを貯められて、保険や空港ラウンジにも強いANAアメリカン・エキスプレス・カード(以下、ANAアメックスカード)。

ANAマイル還元率が1.0%*と高還元率な上に、充実した旅行保険や空港ラウンジ特典がついているため、旅行好きな方にぴったりの1枚です。

※年間6,000円のポイント移行コースに加入時

カード利用のたびにメンバーシップ・リワードポイントというポイントが貯まり、ANAマイルに交換することでANAマイルを得られます。

ポイント交換の手間はありますが、、交換の過程があることで実質マイルの有効期限が無期限*になります。

※ポイント交換コース加入時

年会費は7,000円ですが、高還元率&ポイントの有効期限なしという魅力的な特徴を持ったANAカードです。

\ 最大10,000マイル相当もらえる/

>>>ANAアメックスカードはANAマイルを貯めるのにコスパ抜群なANAカード

2.ANA Visa/Mastercard ワイドゴールドカード

ANA Visa/Master ワイドゴールドカード
国際ブランド Visa
Mastercard
年会費 初年度 14,000円
2年目〜 9,500円
※割引後
還元率 常時 1.0%
最大 2.0%
追加カード 家族 4,000円
※割引あり
ETC 500円
※初年度無料
※年1回利用で無料
発行スピード 通常2~3週間
電子マネー iD
楽天Edy
付帯保険 海外 最大5,000万円
国内 最大5,000万円

ANAマイルを効率よく貯めたい陸マイラーにオススメなのがANA Visa/Mastercard ワイドゴールドカードです。

通常のマイル還元率が1.0%であり、空港ラウンジ特典や旅行保険などの付帯特典も充実していながら年会費9,500円(割引後)とコスパ抜群です。

カードの利用実績やリボ払いの登録でマイル還元率がアップし、最大で還元率1.30%を実現できるポテンシャルがあります。

ANAの飛行機利用時には、+αでANAマイルが付与されたり、毎年継続ごとに2,000マイルが付与されたりと、カード決済時以外でもマイルを貯められます。

年会費と還元率のバランスが良く、ANA Visa/Mastercard ワイドゴールドカードはANAマイルを貯めるのに間違いないカードです。

\ 今なら最大2,000マイル相当もらえる/

>>>ANA系コスパ最強!Visa ワイドゴールドカードは高還元率&特典充実の人気ANAカード!

3.ソラチカカード

To Me CARD PASMO(ソラチカカード)
国際ブランド JCB
年会費 初年度 無料
2年目〜 2,000円
還元率 常時 0.5%
最大 1.5%
追加カード 家族 1,000円
※8枚まで
ETC 無料
発行スピード 通常1週間
電子マネー QUICPay
PASMO
付帯保険 海外 最大1,000万円
国内 -

空(ANA)と地下(東京メトロ)でマイルを貯められるANAカードであるANA To Me CARD PASMO JCB(以下、ソラチカカード)

年会費2,000円(※初年度無料)で保有できるので、ANAカードの中ではお得な部類です。

ソラチカカードは利用する場面で貯まるポイント自体が異なり、Oki DokiポイントとANAマイルのどちらかが貯まります。

Oki DokiポイントはANAマイルに交換できるのですが、追加で5,000円を支払うことで交換レートを2倍にでき、以下のようなポイント還元率を実現できます。

  • ショッピングなどの支払いでANAマイル還元率1.0%
  • メトロ乗車で平日4ANAマイル・土日休15ANAマイル
  • 定期購入(PASMO)でANAマイル還元率1.9%
  • 毎年継続で1,000ANAマイル
  • ANA便搭乗時にボーナスマイル10%

クレジットカードは還元率1.0%を超えると高還元率と言えるので、ソラチカカードは紛れもなく高還元率カードになり得ます。

ショッピング利用では、ANA特約店やANAマイレージモールなどを利用することで、還元率1.45%も実現可能です。

ANAマイレージモールには、Amazonや楽天市場、ヤフーショッピングなど大手通販サイトが出店しています。

ANA一般カードなので付帯特典にはあまり期待できませんが、年会費が安いため費用を抑えつつANAマイルを効率的に貯められるカードです。

\ 今なら最大1,000マイルもらえる/

>>>ソラチカカードはメトロや特約店を使って高還元率でANAマイルが貯まるおすすめカード!

4.ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

ANAアメックスゴールドカード
国際ブランド AMEX
年会費 初年度 31,000円
2年目〜 31,000円
還元率 常時 1.0%
最大 2.0%
追加カード 家族 15,500円
ETC 無料
※発行手数料850円
※5枚まで発行可能
発行スピード 通常1~3週間
電子マネー QUICPay
楽天Edy
付帯保険 海外 最大1億円
国内 最大5,000万円

ANAアメックスカードの上位カードであるANAアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下、ANAアメックスゴールドカード)。

ANAマイルが貯まりやすいのはもちろん、空港ラウンジや旅行保険などの付帯特典が充実しています。

付帯保険は家族分もカバーされ、空港ラウンジは同伴者1名まで無料で利用できるので、家族で旅行をするという方にオススメです。

ANAアメックスゴールドカードなら、カードを利用して貯まるメンバーシップ・リワードというポイントの有効期限が無期限になるため、コツコツとマイルを貯められます。

年会費は31,000円と金額だけを見ると「高い」という印象を受けるかもしれませんが、1ヶ月単位で見ると3,000円とそれほど負担はありません。

\ 今なら最大20,000マイルもらえる/

>>>ANAアメックスゴールドカードはマイルを貯めやすく特典も充実した万能ANAカード!

5.ANAダイナースカード

ANAダイナースカード
国際ブランド Diners
年会費 初年度 27,000円
2年目〜 27,000円
還元率 常時 1.0%
最大 2.0%
追加カード 家族 6,000円
ETC 無料
発行スピード 通常2~3週間
電子マネー QUICPay
楽天Edy
付帯保険 海外 最大1億円
国内 最大1億円

ANAダイナースカードは、ANAマイルを貯めつつ旅行系やグルメ系の付帯特典を求める方向けのカードです。

上位カードのANAダイナースプレミアムカードの登竜門になっていることから、プレミアムカードを目指して発行している方も多い印象です。

ANAダイナースカードはビジネスカードの発行が可能なので、本会員カードとは別の支払い口座設定が可能です(法人口座も設定可能なので利用代金明細を分けられます)。

個人事業主・経営者の方で、ビジネスカードを新たに持つのが面倒という方は、ANAダイナース発行後にビジネスカードも発行するのもありです。

\ 今なら最大55,000マイル相当もらえる/

ANAマイルが貯まるカードをよりしっかり探したい場合には、以下の記事が参考になります。

>>>おすすめのANAカードを徹底比較!選び方やその他ANAマイルが貯まりやすい陸マイラー向けカードまで紹介

番外編:陸マイラーに人気のあるクレジットカード

JAL系陸マイラーとANA系陸マイラー、そしてJALとANAを決め切れていない陸マイラーに人気なカードを厳選して紹介します。

JAL系陸マイラー:セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
国際ブランド AMEX
年会費 初年度 20,000円
2年目〜 10,000円
※前年度200万円以上決済
還元率 常時 1.125%
最大 1.375%
追加カード 家族 3,000円
※4枚まで
ETC 無料
発行スピード 最短3営業日
電子マネー QUICPay
楽天Edy
付帯保険 海外 最大1億円
国内 最大5,000万円

セゾンプラチナ・ビジネスはJALカードではないものの、カード決済においてはJALカード最高位のプラチナカードよりも高還元率です。

もっともJALマイルが貯まりやすいカードなので、陸マイラーにぴったりです。

JALマイル還元率は常時1.125%であり、利用実績に応じて最大で1.375%にもなるポテンシャルを秘めています。

プラチナカードだけあり、世界1,300以上の空港ラウンジが利用できたり、旅行保険が充実していたり、コンシェルジュサービスが付帯していたりします。

年会費は20,000円ですが、年間200万円以上利用すると次年度の年会費が10,000円になるため、カード決済メインでJALマイルを貯める方にはこれ以上なくお得なカードと言っても過言ではありません。

※ビジネスカードとありますが、申し込みフォームの職業欄には「会社員」という選択肢があるので、会社員の方も発行して保有できます。

\ 今なら最大10,000円相当もらえる/

ANA系陸マイラー:ANA Visa/Mastercard ワイドゴールドカード

ANA Visa/Master ワイドゴールドカード
国際ブランド Visa
Mastercard
年会費 初年度 14,000円
2年目〜 9,500円
※割引後
還元率 常時 1.0%
最大 2.0%
追加カード 家族 4,000円
※割引あり
ETC 500円
※初年度無料
※年1回利用で無料
発行スピード 通常2~3週間
電子マネー iD
楽天Edy
付帯保険 海外 最大5,000万円
国内 最大5,000万円

ANA Visa/Mastercard ワイドゴールドカードは、マイル還元率が常時1.0%であり最大1.3%までになるポテンシャルを持っていながら、年会費14,000円とコスパがいいので陸マイラーに人気です。

年会費はWeb明細への切替や年1回のリボ払い利用で9,500円まで抑えられるので、さらにコスパがいいクレジットカードになり得ます。

2019年に還元率の改悪があったものの、まだまだ高還元率を誇っていながら年会費1万円ほどなのが人気である理由です。

国内主要空港の空港ラウンジが使えたり旅行保険が充実していたりと、最低限の特典は十分揃っていてバランスがいいのも人気なポイントです。

\ 今なら最大2,000マイル相当もらえる/

ANAとJAL両刀の陸マイラー:スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カードSPGアメックスカード

SPGアメックスカード
国際ブランド AMEX
年会費 初年度 31,000円
2年目〜 31,000円
還元率 常時 1.0%
最大 1.25%
追加カード 家族 15,500円
ETC 無料
※発行手数料850円
※5枚まで発行可能
発行スピード 通常4週間
電子マネー QUICPay
付帯保険 海外 最大1億円
国内 最大5,000万円

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(以下、SPGアメックスカード)は、マイル還元率が1.25%でありながら、カード決済で貯めたポイントは無期限かつANAとJALを含む40以上の航空会社のマイルに交換可能です。

カード決済がメインかつ様々な航空会社を利用したい陸マイラーにとっては、この上なくぴったりなカードです。

年会費が31,000円と決して安くありませんが、2年目からはカード更新ごとにマリオット系列のホテルに無料宿泊できる特典が付与されます。

この無料宿泊特典を上手く使えば、年会費以上の価値を生むことが可能です。

マリオットボンヴォイの会員制度では、ゴールドエリートランクになり、加盟しているホテル利用時に無料ルームアップグレードやアーリチェックイン・レイトチェックアウトなどの優遇を受けられます。

他にも空港ラウンジが付帯したり旅行保険が充実していたりもしますが、券面デザインが赤色で一般カードのように感じるのがデメリットです。

\ 今なら最大30,000ポイントもらえる/

>>>SPGアメックスカードはホテルや旅行で大活躍のコスパ抜群クレジットカード!

マイルの基礎知識

そもそもマイルって何?というところから、マイルの使い方などのマイルの基本を網羅的に紹介します。

そもそもマイルとは?マイレージとは?

マイルとは、航空会社(ANAやJALなど)が顧客を囲うために行っているポイントサービスです。

簡単にいうと楽天が行っている楽天ポイントのようなものです。

飛行機に乗ったり、クレジットカード決済することでポイント(マイル)が貯まり、ある一定のポイント(マイル)が貯まったら特典と交換できます。

マイルを貯めるにあたり理解しておきたいのが、マイルの価値です。

マイルの価値について

Amazonポイントは1ポイント=1円というようにポイントの価値が決まっていますが、マイルの価値は変動します。

たとえば、10万マイル貯めたとします。

これを現金に近いような使い方*をすると9万円ほどになりますが、10万マイルを航空券と交換すると、ヨーロッパ行きのビジネスクラスのチケットにできます。

※汎用性が高いポイントに交換すること(Amazonポイントへの交換など)。

  • 9万円:エコノミークラスでヨーロッパ往復できるかどうか
  • 10万マイルを航空券と交換する:ビジネスクラス(50万円相当)でヨーロッパ往復できる

上記のように、使い道によってマイル自体の価値がかなり変動します

現金に近いような使い方では1マイル=0.9円ですが、ビジネスクラスの航空券に交換すると1マイル=5円になり、その差はなんと5倍以上です。

ビジネスクラス、ファーストクラスのようにグレードが上がれば上がるほど、そして飛行距離が伸びれば伸びるほど、マイルの価値は上昇する傾向にあります。

おおよそのマイルの価値は以下の通りです。

  • エコノミークラスで羽田〜那覇:1マイル=2円ほど
  • エコノミークラスで成田〜NY:1マイル=3円ほど
  • ビジネスクラスで成田〜NY:1マイル=5~10円ほど
  • ファーストクラスで成田〜NY:1マイル=12~20円ほど

※NY:ニューヨーク

航空会社とアライアンスについて

マイルは航空会社ごとのポイントなので、ANAにはANAマイルがあり、JALにはJALマイルがあります。

したがって、どの航空会社でマイルを貯めるのかを決めるのが大切です。

どの航空会社でマイルを貯めるのか決めるべき理由は、別の航空会社同士のマイルを合算できないからです。

たとえば、ANAマイルでJALの飛行機のチケットを獲得できないのですが、これはTポイントを使って楽天で買い物をしようとしているのと同じです。

具体的に言うと、ハワイ往復に必要なマイル数が40,000マイルとしたときに、以下の1つ目の状況ではハワイに行けませんが、2つ目の状況だとハワイに行けます。

  1. ANAマイルとJALマイルを20,000マイルずつ(合計40,000マイル)保有している
  2. ANAマイルを40,000マイル保有している

航空会社を分けてマイルを貯めるのではなく、一点突破でマイルを貯めた方がいいのです。

マイル初心者で航空会社のことを全然知らない場合は「ANA」か「JAL」のどちらが好きか、というレベルで選んでもOKです。

アライアンス同士だと航空会社間でマイルの相互利用が可能!

先ほど、JALマイルでANAの飛行機のチケットを獲得できないと伝えましたが、実はJALマイルでエミレーツ航空の飛行機に乗ることはできます。

JALマイルでANAの飛行機には乗れないのに、エミレーツ航空は乗れるの?と疑問に思うかもしれません。

航空会社の多くはアライアンス(航空連合)に属しており、同じアライアンス同士だとマイルの相互利用が可能なのです。

※航空会社が個々に提携することで、マイルの相互利用ができる場合もあります。

アライアンスは3つあります。

  • スターアライアンス
  • スカイチーム
  • ワンワールド

ほとんどの航空会社が上記の3つのうちのどれかに属していますが、エミレーツ航空のようにどのアライアンスにも属していない航空会社もあります。

日本の航空会社だと、ANAはスターアライアンスに、JALはワンワールドに属しています。

マイルの貯め方

マイルを貯める方法はさまざまありますが、飛行機に乗って貯める方法とクレジットカードを使って貯める方法が王道です。

クレジットカードでの貯め方は序盤で紹介したので、ここでは飛行機に乗って貯める方法のみ紹介します。

飛行機に乗ってマイルを貯める

飛行機に乗ることでマイルが貯まるのはご存知かと思います。

飛行機に乗って貯まるマイルをフライトマイルと呼ぶのですが、フライトマイルだけでは国内線の航空券と交換できる分のマイルを獲得することすら厳しいのが現実です。

東京〜北海道を月2回で往復するような人だとしても、1年間で貯まるマイルでは50,000マイルほどでハワイ1往復分くらいが限界です。

飛行機に乗ったときにもらえるANAマイル数は以下の計算式で算出されます。

「フライトマイル」=「区間マイル」×「クラス・運賃倍率」(+「ボーナスマイル」)

区間マイルは片道当たりのマイル(距離)です。

クラス・運賃倍率は利用したクラスによって変わり、エコノミークラスよりもファーストクラス、格安料金より正規料金の方が積算率が高く、よりマイルが貯まります。

ボーナスマイルは、その航空会社のクレジットカードを保有している人や上級会員がもらえるマイルであり、フライトマイルに以下の率を掛けた分をもらえます。

▼ANA

  • ANA一般カード:10%
  • ANAゴールドカード:25%
  • ANAプラチナカード:50%

▼JAL

  • JAL普通カード:10%
  • JAL CLUB-A カード:25%
  • JAL CLUB-A ゴールドカード:25%
  • JALプラチナカード:25%

※上級会員のケースはややこしいのでここでは割愛します。

試しに「東京〜那覇・エコノミークラス・早割」という条件で、どのくらいマイルが貯まるのかを、ANAを例にして計算してみます。

  • 区間マイル:984
  • 積算率:75%

上記の条件で貯まるANAマイルは「738マイル」であり、ANAゴールドカードを持っていれば「922マイル」です。

東京から沖縄のエコノミークラス(早割チケット)で738マイルしか貯まらないので、出張族でもない限り飛行機でマイルを貯めることは難しいです。

一般人が飛行機に乗ってマイルを貯めようとするのは現実的ではありません。

マイルの使い方

貯めたマイルは航空券と交換するのがもっともお得になる可能性が高いので、基本的には航空券への交換がオススメですが、他にも使い道はあります。

航空券以外だと、座席のアップグレードやホテル宿泊、レストラン、旅行ツアー、各種景品交換などに使えます。

基本は航空券がオススメ

マイルは航空券として使うのがオススメです。

たとえば10万マイル貯めたとします。

10万マイルを現金にしようとすると9万円ほどになりますが、航空券と交換するなるとビジネスクラスのヨーロッパ往復チケット(50万円相当)と交換できます。

つまり特典航空券と使うことで、1マイルあたりの価値をグッと上げることが出来るのです。

同じマイル数を持っていても、得する人、損する人がいるので、できれば賢くお得に使いたいものです。

ホテル宿泊やレストラン、旅行ツアーなどにマイルを使えますが、ほとんどが1マイル=1円ほどの価値であり、航空券として使ったときには劣ります。

座席のアップグレード

マイルを使って、エコノミークラスからビジネスクラスに、ビジネスクラスからファーストクラスにアップグレードさせることもできます。

ANAだと片道 (1区間) 12,000マイルから座席のアップグレードを利用できます。

ANAの場合の1区間(片道)あたりの区間基本マイレージと必要マイル数は以下の通りです。

1区間(片道)
の距離
エコノミー
→ビジネス
ビジネス
→ファースト
0~2,000 12,000 20,000
2,001~3,500 18,000 30,000
3,501~4,500 20,000 35,000
4,501~5,500 25,000 40,000
5,501~ 28,000 45,000

▼距離のイメージ

  • 東京〜シンガポール:3,312マイル
  • 東京〜NY:6,723マイル
  • 東京〜パリ:6,194マイル

東京〜NY間のエコノミークラスからビジネスクラスへのアップグレードが28,000マイルです。

エコノミークラスとビジネスクラスの価格差は60万円にもかからわず、たった28,000マイルで済むのはお得です。

その他(ホテルやツアー、ディナー、景品交換など)

ホテルやツアー、ディナー、景品交換などにも使えます。

およそ1マイル=1円になるように設定されています。

各種ポイント

ANAマイルやJALマイルは、楽天ポイントのようなポイントや楽天Edyのような電子マネーに交換できます。

ここではANAマイル10,000マイルで交換できるポイントや電子マネーの例を一部紹介します。

スターバックスカード 10,000円分
iTunesギフトコード 10,000円分
電子マネー「楽天Edy」 10,000円分
iD バリュー 10,000円分
TOKYU POINT 10,000ポイント
楽天スーパーポイント 10,000ポイント
Tポイント 10,000ポイント
nanacoポイント 10,000ポイント
ヤマダポイント 10,000ポイント
マツモトキヨシ
現金ポイント
10,000ポイント
エムアイポイント 10,000ポイント
JRキューポ 10,000ポイント

航空券などではなく、現金のように利用したい!という場合には、ポイントや電子マネーへの交換もありです。

しかし大体が「1マイル=1円相当」の交換レートになっているので、特典航空券を発券するときのマイルの価値を考えると勿体なさはあります。

よくある質問(FAQ)

マイル向けクレジットカードの選び方は?

マイル向けのクレジットカードを選ぶときには、ショッピングでマイルを貯めるか、フライトでマイルを貯めるか、それともどちらもなのかを考えましょう。

どのくらいカード決済額があるのか?どのくらい自費で飛行機に乗るか?を想定すると、マイル向けクレジットカードを持つことで貯められるマイル数が大まかに分かります。

獲得できるマイル数が分かれば、あとは年会費との兼ね合いです。

場合によっては、年会費が高いクレジットカードを選んだ方が結果的にお得になるケースがあるので、その点には気をつけてください。

陸マイラーに人気のあるクレジットカードは?

陸マイラーとは、ショッピング等のクレジットカード決済を中心にマイルを貯める方なので、ショッピングにおいての還元率が高いクレジットカードが人気です。

獲得したポイントの有効期限が長かったり、さまざまな航空会社のマイルに交換できるかどうか、を考慮して選ぶ方もいます。

学生でもマイルを貯めることはできる?

学生でもマイルを貯められます。

学生の場合だと飛行機に乗ることが少なかったり、カード決済額も少なかったりするため、マイルを貯めるのは難しいと感じるかもしれません。

JALの場合だと、JALが発行しているJALカードnaviを発行すると、減額マイルキャンペーンという航空券との交換に必要なマイル数が最大60%も減るキャンペーンを利用できるため、あまりマイルを貯めなくても特典航空券を発券できます。

海外の航空会社をマイルで利用するには?

海外の航空会社をマイルで利用するとき、場合によってはANAマイルやJALマイルを使う方がお得なことがあります。

例としてタイ国際航空の場合で説明します。

タイ国際航空はANAと同じスターアライアンスに属しているので、ANAマイルを使ってタイ国際航空の特典航空券を発券できます。

タイ国際航空のエコノミークラスで東京〜バンコク間の航空券との交換に必要なマイル数は、ANAマイルだと35,000マイルで、タイ国際航空だと45,000マイル必要です。

つまりタイ国際航空のエコノミークラスを利用する場合には、ANAマイルを貯めておいたほうがいいというわけです。

しかし毎回のように、ANAやJALのマイルの方がお得というわけでもないので、自分自身が利用したい航空会社ごとに調べてみてください。

マイル修行ってなに?

航空会社は、よく利用してくれるお得意様に対して上級会員制度を用意しています。たくさん飛行機に乗ると特典つきのステータスがもらえるわけです。

ステータスは飛行距離や搭乗回数によってランク分けされていて、ランクが上がるごとに享受できる特典も増えていきます。

ステータスは簡単に獲得できるものではなく、年間100万円分ほど飛行機に乗ったり、50回以上乗らないと獲得できません。

ステータスを獲得するために無理してたくさん飛行機に乗ることを「修行」と名付けており、俗に「マイル修行」と呼ばれます。

ANAだとSFC修行、JALだとJGC修行と呼ばれています。

マイルの有効期限を伸ばす方法はないの?

ANAとJALともにマイルの有効期限を無期限にする方法はありますが、上級会員になる必要があるなど一筋縄では無期限にできません。

マイルは家族に譲渡できる?友達や彼氏彼女は?

マイルを譲渡できる範囲は航空会社によって異なります。

海外の航空会社だと第三者の特典航空券を発券できることも多々ありますが、ANAやJALの場合は二親等以内でしか特典航空券を発券できません。

まとめ:クレジットカードを活用してマイルを貯めよう

マイルはややこしく取っつきにくさがあるものの、少しの工夫でマイルは貯められます。

マイルが貯まれば、航空券を無料にしてお得に旅行できるので、ぜひマイルを貯めてみてはいかがでしょうか?

マイルを貯めるにはクレジットカードは必須なので、この記事を参考にして自分にぴったりのカードを見つけてみてください。


特徴別:おすすめクレジットカード

特徴別におすすめのクレジットカードをまとめています。

クレジットカードは種類が多く選ぶのが大変なので、カード選びの参考にしていただければ幸いです。


参考文献

2020年6月11日時点確認

目次
閉じる