MENU
カテゴリー

ライフカードは年会費無料&ポイントUPの機会が多数のお得クレジットカード!誕生月にはなんとポイント3倍!

誕生月にポイントが3倍になったり、年間利用額に応じて翌年1年間のポイント2倍になったりと、高還元であるライフカード。

付帯特典は最低限ですが、発行から利用まで完全無料です。

シンプルで使い勝手がいいので、余計な機能や特典が不必要に感じる方にライフカードはぴったりです。

そんなライフカードについて解説します。

\ 今なら最大15,000円相当もらえる/

※キャンペーンは9月30日まで
目次

ライフカードの基本スペック

ライフカード
国際ブランド Visa
Master
JCB
年会費 初年度 無料
2年目〜 無料
還元率 常時 0.5%
最大 1.5%
追加カード 家族 無料
ETC 無料
発行スピード 最短3営業日
電子マネー iD
楽天Edy
付帯保険 海外 -
国内 -

ライフカードの還元率は0.5%ですが、誕生月にポイントが3倍になったり、年間利用額に応じて翌年1年間のポイント2倍になったりと、条件によっては高還元率カードになり得ます。

初年度は無条件でポイント還元率1.5倍です。

貯めたポイントは、他社ポイントへの交換や電子マネー、ギフトカードなど幅広い用途に使えます。

交換先が豊富なので使い道に困らないでしょう。

ポイントの有効期限は最大5年間なので、コツコツと自分のペースでポイントを貯められます。

年会費

年会費は無料であり、発行手数料等もかからないため、発行から利用まで完全無料です。

家族カードやライフカードiD、ライフETCカードも全て年会費無料です。

国際ブランド

ライフカードには、国際ブランドが3種類あります。

Visa・Mastercard・JCBです。

海外でライフカードを使う予定がある方は、VisaかMastercardがオススメです。

国内のみでの利用ならJCBでも構いません。

強いていうと、もっともオススメなのはMastercardです。

Mastercardならau PAY(旧WALLET)へのクレジットカードチャージが可能なため、ポイントの二重取りができます。

チャージする度にライフカードのポイントが貯まり、au PAY(旧WALLET)で支払うとさらに0.5%のポイント還元があります。

au PAY(旧WALLET)は、1回につき最大10万円までしかチャージができず大きな買い物には不向きですが、日常の買い物などでは使いやすいので活用してみてください。

ポイント還元率

ライフカードは1,000円につき1ポイント(LIFEサンクスプレゼント)貯まります。

1ポイント=5円相当なので、基本の還元率は0.5%です。

※公式には1,000円につき1ポイントとされていますが、0.1ポイント単位でポイント付与されるため、100円の買い物で0.1ポイント貯まります。

基本のポイント還元率は高還元率と言えませんが、以下のようにポイント還元率がアップする機会が多数あります。

    • 入会後1年間:ポイント1.5倍
    • 誕生月:ポイント3倍
    • ステージ制プログラム:ポイント最大2倍

    L-Mallという、人気ショップが500点以上あるオンラインショッピングモールを経由して買い物をすると、ポイント付与率が最大25倍までアップします。

    L-Mallにあるショップの一例は以下の通りです。

    • 楽天市場:ポイント2倍
    • Yahoo!ショッピング:ポイント2倍
    • ロフトネットストア:ポイント7倍
    • 好日山荘WebShop:ポイント11倍

    お誕生月ポイント3倍

    ライフカードは誕生月にポイントが3倍になるので、還元率が1.5%と高還元率になります。

    ただし、誕生月のポイント3倍は新規入会キャンペーンポイントやステージ制プログラムとは併用不可なので、注意してください。

    新規入会キャンペーンポイント

    ライフカードでは、新規入会で入会から1年間ポイントが1.5倍になります。

    ポイント1.5倍だと還元率は0.75%です。

    ステージ制プログラム

    ライフカードにはステージ制プログラムがあり、年間利用額に応じて翌年1年間のポイント還元率が最大2倍まで上がります。

    ステージ
    (前年の年間利用額)
    ポイント
    (還元率)
    レギュラーステージ 1.0倍
    (0.5%)
    スペシャルステージ
    (50万円以上)
    1.5倍
    (0.75%)
    ロイヤルステージ
    (100万円以上)
    1.8倍
    (0.9%)
    プレミアムステージ
    (200万円以上)
    2.0倍
    (1.0%)

    年50万円以上の利用でボーナスポイント

    ライフカードの年間利用金額が50万円以上になると、クレジットカードの利用で得られるポイントとは別にボーナスポイントがもらえます。

    もらえるポイントは300ポイント(1,500円相当)です。

    年間50万円利用すると、還元率が+0.3%となるので、0.8%もポイント還元されることになります。

    ポイント交換先

    ライフカードのポイントは、他社ポイントへの移行や電子マネー、ギフトカードなど交換先が豊富です。

    ポイントによって交換レートが異なるので、交換レートが高いものを選ぶのがオススメです。

    ポイント交換先 レート 還元率
    ANAマイル 1:2.5 0.25%
    Pontaポイント 1:5 0.5%
    Gポイント 1:4 0.4%
    dポイント 1:5 0.5%
    楽天ポイント 1:5 0.5%
    Vプリカ 1:5.08 0.51%
    Amazonギフト券 1:5 0.5%
    AOYAMAギフトカードセット 1:10 1.0%
    JCBギフトカード 1:5 0.5%

    とくにお得なポイント交換先は電子マネーとギフトカードの一部です。

    Amazonギフト券やJCBギフトカード、JTB旅行券などは1ポイント=5円換算で交換できます。

    洋服の青山で使えるAOYAMAギフトカードセットの場合は、1ポイント=10円換算で交換できるため、非常にお得です。

    ポイント有効期限は最大5年間

    ライフカードのポイント有効期限は2年間ですが、繰越手続きをすることで最大5年間になります。

    一般的なクレジットカードより有効期間が長いので、安心してポイントが貯められます。

    ポイントの繰越は、会員サイト「LIFE-Web Desk」のポイント交換画面で「ポイント繰越コース」を選択し、案内に沿って手続きするだけです。

    \ 今なら最大15,000円相当もらえる/

    ※キャンペーンは9月30日まで

    ライフカードの特典

    旅行保険

    ライフカードには旅行保険が付帯していません。

    旅行保険を付帯させたい場合には、ライフカード<旅行傷害保険付き>の発行をオススメします。

    ライフカード<旅行傷害保険付き>は、年会費が1,250円(初年度無料)かかりますが、以下のように充実した保険が付帯します。

    ▼海外旅行保険

    補償内容 最高保険金額
    傷害死亡・後遺障害 最高2,000万円
    傷害治療費用 200万円
    疾病治療費用 200万円
    救援者費用等 200万円
    個人賠償責任危険 2,000万円(免責金額なし)
    携行品損害 20万円(免責金額1事故3,000円)

    ▼国内旅行保険

    補償内容 最高保険金額
    傷害死亡 1,000万円
    傷害後遺障害 40万円~1,000万円

    カード会員保障制度

    不正利用の損害を補償する「カード会員保障制度」があります。

    カード会員保障制度

    対象カード:すべてのライフカード

    万一、カードが紛失・盗難に遭われ不正使用されても、カード会員保障制度により補償いたしますのでご安心ください。

    お届けいただいた日の60日前にさかのぼり、それ以降に不正使用された損害をライフカードが負担いたします。

    ※会員の重大な過失により損害が発生した場合や会員のご家族等によるご利用の場合等は、保障制度が適用されないケースがあります。

    引用:ライフカード|カード付帯保険

    60日より前の不正利用に対してはカード会員保障制度が適用されないので、毎月しっかりと明細を確認するようにしましょう。

    不正利用が発覚したら、できる限り早くライフカードに問い合わせてください。

    ライフカードの審査・申込ハードル

    ライフカードの審査については、公式サイトに以下のように記載されています。

    日本国内にお住まいの18歳以上(但し高校生を除く)で、電話連絡が可能な方。

    学生および主婦以外のお勤めの状況に該当される方は、カード発行にあたり継続的な収入があることが必要です。

    継続収入が必須なものの、18歳から発行できることを考えると、数あるクレジットカードの中では申込ハードルが低い部類に入ります。

    ※未成年者は親権者の同意が必要です

    今までクレジットカードやスマホ代の支払いが遅れたり、借り入れがない場合には、発行できる可能性が相対的に高いと言えます。

    まとめ

    ライフカードはポイント還元率が0.5%であるものの、ポイントを増やせる機会が多く、お得に買い物ができます。

    国際ブランドをMastercardにすれば、au PAY(旧WALLET)と組み合わせて常時1.0%のポイント還元を受けることもできます。

    特典は最小限ですが、だからこそ年会費が完全無料なのでしょう。

    シンプルで使い勝手がいいカードです。

    \ 今なら最大15,000円相当もらえる/

    ※キャンペーンは9月30日まで

    コラム1.Visa提供!東京2020オリンピック限定デザインライフカード

    東京オリンピック2020に向けて、ライフカードでは限定デザインのクレジットカードが発行されています。

    記念デザインとなっており、申し込みできる期間は2019年10月10日~2020年8月31日までです。

    上記の期間を過ぎてしまうと申し込みできないので、東京オリンピック限定デザインが気になる方は早めに申し込みましょう。

    限定デザインであるものの、他の機能面は既存のライフカードとほとんど変わりありません。

    ▼東京2020オリンピック限定デザインの特徴

    • 会員専用Webサービス「LIFE-Web Desk」が登録無料で24時間利用可能
    • ポイントが最大25倍のオンラインショッピングモール「L-Mall」が利用可能
    • 海外アシスタンスサービス「LIFE DESK(日本語サービス)」が利用可能
    • 2019年10月10日~2020年3月31日までの間に月間5万円以上を利用すると、1,000円分の限定デザインVプリカカードプレゼント

    コラム2.ライフカードは16種類もある

    ライフカードは、この記事で紹介した「ライフカード」の他にも、以下のようにたくさんのカードがあります。

    1. ライフカード
    2. ライフカード東京オリンピック2020限定デザインカード
    3. 学生専用ライフカード
    4. HYDEカード
    5. AKB48カード
    6. Barbieカード
    7. ライフゴールドカード
    8. ライフカードStella
    9. ライフカードStylish
    10. ソードアートオンラインカード
    11. Angels・ライフマスターカード
    12. SAVE THE GREAT APESカード
    13. メイク・ア・ウィッシュカード
    14. 竜馬カード
    15. ライフカード<旅行傷害保険付き>
    16. トッピングカード

    さまざまなニーズに合わせたカードがあります。

    旅行保険が充実したカードやリボ払い専用カード、入会して利用すると動物愛護団体や難病を抱える子供たちへ寄付されるカードもあります。

    HYDEカードやAKB48カード、ソードアート・オンライン、龍馬カードなど、ファンの方なら手にしたいカードもそろっています!


    参考文献

    2020年6月28日時点確認

    目次
    閉じる