MENU
カテゴリー

エポスプラチナカード徹底解説!特典充実&利用実績で10万円相当のポイントがもらえる!

※当記事では、年会費などの金額表記を、原則すべて税抜価格で表記しています。

エポスプラチナカードは、エポスカードエポスゴールドカードにつぐエポスカードの最高峰カードです。

マルイでお得にショッピングできるのはもちろん、他にもさまざまな場面でポイント還元率がアップします。

世界中の空港ラウンジが利用できたり、旅行保険が充実していたり、コンシェルジュ特典が付帯していたりと、特典が充実しています。

提携レストランを2名以上で利用時に1名分が無料になるグルメ特典も人気です。

上記のように高スペックなカードですが、年会費は20,000円(割引後)とコスパ抜群です。

さらに、年間の利用金額に応じて最大10万円分のポイントをもらえるので、年会費を実質無料にすることもできます。

そんなエポスプラチナカードの基本スペックから特典まで紹介します。

目次

エポスプラチナカードの基本スペック

エポスプラチナ
国際ブランド Visa
年会費 初年度 30,000円
2年目〜 30,000円
※条件クリアで
次年度20,000円
還元率 常時 0.5%
最大 1.0%
追加カード 家族 -
※ゴールドカードを
無料紹介可能
ETC 無料
発行スピード -
電子マネー QUICPay
付帯保険 海外 最大1億円
国内 最大1億円

年会費

エポスプラチナカードの年会費は30,000円ですが、以下のように割引制度があります。

  • エポスカードからの招待:20,000円
  • 年間利用額100万円以上:翌年以降20,000円

国際ブランド

国際ブランドはVisaのみです。

Visaは世界最大の決済網を持つため、Visaを利用していて不便を感じることはないでしょう。

ポイント還元率

エポスプラチナカードは、は200円につき1ポイント付与されます。

エポスポイントは1ポイント=1円相当であるので、ポイント還元率が0.5%です。

誕生月ポイント最大2倍

誕生月には、以下のようにもらえるポイント数がアップします。

※200円利用時の獲得ポイント数

▼マルイウェブチャンネル/マルイ/モディでの利用

  • 1回・2回・ボーナス払い:2ポイント→4ポイント
  • リボ・3回以上の分割払い:3ポイント→5ポイント

▼その他Visa加盟店での利用

  • 1回・2回・ボーナス払い:1ポイント→2ポイント
  • リボ・3回以上の分割払い:2ポイント→3ポイント

選べるポイントアップショップでポイント最大3倍

対象ショップの中からよく利用するショップを登録するだけで、エポスプラチナカード利用時のポイントが最大3倍になります。

選べるポイントアップショップには300以上のショップがあります。

スーパーやコンビニ、ドラッグストア、電気代、水道代、通信費をはじめ、さまざまなジャンルのショップがあるので、よく利用するお店がある可能性は高いでしょう。

とくに人気があるショップは東京電力やユニクロ、JR東日本だそうです。

たまるマーケットでポイントが最大30倍

たまるマーケットというショッピングモール経由で買い物をすると、獲得ポイントが通常の2倍〜30倍まで跳ね上がります。

たまるマーケットには、400店舗以上のショップが出店しています。

▼たまるマーケットに出店中の店(一例)

  • Amazon
  • Yahoo!ショッピング
  • 楽天市場
  • BELL MAISON
  • 一休.com

大手ショッピングサイトがたくさん出店しているため、利便性も高いです。

たまるマーケットを経由せずにエポスプラチナカードを利用した場合はポイント還元率が上がらないほか、ショップによって還元率が異なる点は注意しましょう。

マルコとマルオの7日間で年4回も10%割引

マルイ(丸井)で「マルコとマルオの7日間」というセールが年4回あり、エポスプラチナカードで支払をすれば10%割引となります。

通販サイトのマルイウェブチャネルでも、マルコとマルオの7日間の期間中は全品10%OFFで買い物できます。

マルイウェブチャネルは通常3,000円以上購入しなければ送料無料になりませんが、マルコとマルオの7日間では全品送料無料になります。

年間ボーナスポイント

エポスプラチナカードは、年間の利用金額に応じて最大10万円分のポイントがもらえます。

利用金額別でのもらえるポイントは以下の通りです。

年間 ポイント
100万円 20,000
200万円 30,000
300万円 40,000
500万円 50,000
700万円 60,000
900万円 70,000
1,100万円 80,000
1,300万円 90,000
1,500万円 100,000

ポイント交換先

エポスポイントの交換先は非常に多く、ギフト券だけでも数種類が用意されています。

エポスポイントは店頭支払いに充てたり、マイルなどのポイントに交換したり出来ます。

ただし交換先によってエポスポイントの価値が変動する点に注意しましょう。

ポイントの有効期限は無期限です。

一般カードのエポスカードは2年間ですので、プラチナカードの大きなメリットと言えます。

交換先1.商品券やギフト券

ポイント交換商品 最小交換単位
ポイント数
基本還元率
マルイ商品券(1,000円) 1,000 0.5%
エポスVisaプリペイドカード(1ポイント) 1 0.5%
クオ・カード(1,000円) 1,000 0.5%
Amazonギフト券(1ポイント) 1 0.5%
iTunesギフトコード(1,000円) 1,000 0.5%
iTunesギフトコード(3,000円) 3,000 0.5%
スターバックスカード(3,000円) 3,000 0.5%
KEYUCAお買物券(500円) 500 0.5%
モンテローザお食事券(1,000円) 800 0.625%

交換先2.他社ポイント

移行先 最小交換単位
ポイント数
基本還元率
ANAのマイル(500マイル) 1,000 0.25%
ANA SKY コイン(1,000コイン) 1,000 0.5%
JALのマイル(500マイル) 1,000 0.25%
スターバックスカード(500円) 500 0.5%
ノジマスーパーポイント(500ポイント) 500 0.5%
dポイントクラブ(1000ポイント) 1,000 0.5%
Pontaポイント(1,000ポイント) 1,000 0.5%

エポスプラチナカードの特典

空港ラウンジ

エポスプラチナカードは、国内外の空港ラウンジが無料で利用できる特典が付帯しています。

利用できる空港は以下の通りです。

地域 空港名
北海道 東北 新千歳空港 函館空港
仙台国際空港
中部 小松空港 中部国際空港
関東 成田国際空港 羽田空港
近畿 伊丹空港 関西国際空港
神戸空港
中国 広島空港
四国 松山空港
九州 沖縄 福岡空港 北九州空港
長崎空港 大分空港
阿蘇くまもと空港 鹿児島空港
那覇空港
ハワイ ハワイ・ホノルル国際空港
韓国 仁川空港

プライオリティ・パス

エポスプラチナカードを発行すると「プライオリティ・パス」という世界中の空港ラウンジを利用できる会員証のようなカードを無料で発行できます。

プライオリティ・パスを正規のルートから申し込むと$429(46,000円*ほど)必要ですが、エポスプラチナカードの特典としてプライオリティ・パスが無料で付帯しています。

※2020年6月時点、1ドル107.37円換算で計算

空港ラウンジにはWi-Fiや電源などがあるので、フライトまでの待ち時間で仕事が出来ます。

付帯保険

海外旅行保険

エポスプラチナカードの海外旅行保険が付帯し、付帯形態は自動付帯です。

保険内容と補償金額は以下の通りです。

保険内容 補償金額
本人
補償金額
家族
傷害死亡・後遺障害 1億円 2,000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
300万円 200万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
300万円 200万円
賠償責任
(1事故の限度額)
1億円 1億円
携行品損害
(1旅行・保険期間中の限度額)
100万円 100万円
救援者費用
(1旅行・保険期間中の限度額)
200万円 200万円
航空機遅延費用等 2万円 2万円
航空機寄託手荷物遅延等費用 10万円 10万円

非常に充実した内容ですが、ケガや病気をしたときの補償である傷害治療費用と疾病治療費用には少し不安が残ります。

ジェイアイ傷害火災保険株式会社調べ「海外旅行保険事故データ(2018年度)」によると…

2018年度は「27人に1人」がなんらかの事故・病気等に遭われ海外旅行保険を利用しています。

(中略)

「治療・救援費用」の保険金支払いが300万円以上の高額医療費用事故は世界各地で発生していますが、特に欧米で多くなっています。治療・救援費用の保険金支払最高額は、3,052万円となりました。

引用:株式会社JTB|2018年度 海外旅行保険事故データ

上記の通り、エポスプラチナカードだけではカバーできない事例があります。

海外旅行保険をクレジットカードの付帯保険だけでカバーする場合には、旅行保険が付帯したカードを複数枚持っていきましょう。

傷病治療費用・疾病治療費用の補償は、複数枚のクレジットカードの額を合算できます。

たとえばAカードの補償が200万円で、Bカードの補償が100万円の場合、2枚のカードの補償額を合算し300万円まで補償を受けられます。

国内旅行保険

保険内容 補償金額
本人
補償金額
家族
傷害死亡・後遺障害 1億円 2,000万円
入院日額 5,000円 5,000円
手術保険金 最高20万円 最高20万円
通院日額 3,000円 3,000円
乗継遅延費用 2万円 2万円
出航遅延費用等 2万円 2万円
航空機遅延費用等 2万円 2万円
寄託手荷物遅延費用 10万円 10万円
寄託手荷物紛失費用(補償) 10万円 10万円

プラチナグルメクーポン

全国約100店舗のハイクラスのレストランにて、会員を含む2人以上の利用で、会員本人分のコース料理が無料になるサービスです。

全国約90店舗のハイクラスなレストランが揃っています。

>>対象レストランはこちら

365日24時間のコンシェルジェサービス

エポスプラチナカードの大きな魅力のひとつが「コンシェルジュサービス」です。

プラチナメンバー専用デスクが用意されており、24時間365日年中無休で対応してくれます。

コンシェルジュサービスでは以下のような依頼ができます。

  • Visaが提供する特典やプロモーションの案内
  • パッケージ旅行、航空券、ホテル等の旅行に関するサポート
  • レンタカーの予約案内
  • レストランの予約案内
  • ゴルフ場の予約案内

仕事が忙しい場合、電話一本でもろもろ手配してくれるのは助かるはずです。

海外サポートデスク

世界30都市以上の現地デスクにて、日本語で旅行の計画から緊急時の対応までしてくれます。

  • インフォメーションサービス:
    現地の最新情報、空港・出入国の案内、ショッピング・免税店、ホテル・レストランの案内など
  • リザベーションサービス:
    レストラン、観劇、コンサート、スポーツ観戦などの予約・手配、など
  • エマージェンシーサービス:
    パスポートなどの紛失、盗難時の手続の案内、事故トラブル時の各種アドバイスなど

店頭で各種割引

予約時に各種割引

その他特典

  • Visaプラチナ海外 Wi-Fi レンタルの割引:
    通信レンタル料金が全プラン45%OFFになります
  • Visaプラチナ空港宅配の割引:
    国際線フライトを利用の際、空港から自宅までの復路(帰国時)は、1,2個目が500円(税込)、3個目以降通常料金より20%OFFで、自宅から空港までの往路(出国時)は1個目から通常料金より20%OFFで利用可能です
  • Visaゴールド国際線クローク(一時預かり)の割引:
    国際線を利用する際、手荷物を一時的に預かってもらえるサービスにおいて通常料金より15%OFFになります
  • Visaプラチナトラベル:
    国内、海外旅行を会員優待価格にて利用できます
  • Visaプラチナ ホテルダイニング:
    ワンランク上のひとときを楽しめるホテル内レストランを割引価格で利用できます(毎月合計200名様まで)
  • Visaプラチナ ラグジュアリーダイニング:
    一度は訪れたい名店、星付きの高級店を割引価格で利用できます(毎月合計100名様まで)
  • Visaプラチナゴルフ:
    国内有名ゴルフコースで利用可能な割引クーポンを最大10,000相当や、会員制ゴルフコースや名門ゴルフコースでのプレーも可能になるGDOプレミアム倶楽部への入会優待ができます

コラム:エポスカードの歴史と特徴

エポスプラチナカードは「マルイグループ」のカード事業「株式会社エポスカード」が発行しています。

マルイグループは、ファッションビルの丸井を筆頭とした小売事業やエポスカードといったフィンテック事業など幅広く力を入れている大企業です。

エポスカードの発行は2006年に開始されたので新規参入企業のように感じますが、実は1960年代に日本ではじめて「クレジットカード」という名称を使ったとも言われています。

金融戦略について

マルイグループでは、年齢や収入に関わらず、すべての人に金融サービスを提供する「フィナンシャル・インクルージョン」をミッションとして掲げています。

このフィナンシャル・インクルージョンに、いかに近づけるかがマルイグループの成長につながると考えているようです。

既存の手法ではサービスが行き届かなかった層に投信サービスを提供し、所得格差を解消するというtsumiki証券の取り組みも、そのミッションの一環でしょう。

「顧客に寄り添って一緒に信用を創っていく」というマルイグループの考えるようなサービスが広がれば消費者としては心強いですよね。

さらにマルイグループは、在日外国人の日本における就学・就労に関わる困難を支援する新たな金融サービスを開始しています。

マルイグループでは、2050年までに1,000万人以上の世界の人々に金融サービスを提供するという超長期目標を掲げ、今後これらのサービスを国内外に提供していく計画だそうです。

参考:PR TIMES


参考文献

2020年6月29日時点確認

目次
閉じる