MENU
カテゴリー

ブラックカードとは?入会条件・特典・限度額・おすすめカードを紹介

※当記事では、年会費などの金額表記を、原則すべて税抜価格で表記しています。

限度額がなく、戦車すらも買えると言われるブラックカード。

一握りの人しか発行できない、未知のクレジットカードという印象をお持ちの方も多いかもしれません。

ですが、中には一般人でも発行できるブラックカードもあります。

この記事では、ブラックカードの基礎や豆知識から、一般人でも発行可能なブラックカードを比較しつつ紹介します。

目次

クレジットカードの最高峰であるブラックカード

ブラックカードとは?

ブラックカードとは、クレジットカードの中で最高峰ランクのカードを指します。

クレジットカードは、一般カード → ゴールドカード → プラチナカード → ブラックカードの順でランクが上がります。

米国においてはアメックス社が「BLACK CARD」の商標権を持っているため、グローバルでの理解は、ブラックカードはアメックスカードの最上位カードである「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」を指します。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

※当記事では、ブラックカード=アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードではなく、広義の意味でブラックカードという言葉を利用します。
※日本における「BLACK CARD」「ブラックカード」の商標は、LUXURY CARDを発行するBLACK CARD LLCが保有しています。

ブラックカードかどうかの判断について

たとえば、楽天カードにもブラックカードはあります。

カードの名称でブラックカードとありますが、Mastercardのグレード*で判断されるランクは「ワールド」であり、最高位ではないのでブラックカードに含めるかどうかは微妙なラインです。

※Mastercardのグレードは、スタンダード→ゴールド→プラチナ→ワールド→ワールドエリートの順にランクが高いです。

一方で、この記事でブラックカードとして紹介しているラグジュアリカード GOLD CARDは、名称にブラックカードとありませんが、Mastercardのグレードは最高位のワールドエリートなので、ブラックカードとして扱われます。

上記のようにブラックカードの定義は定まっていません。

券面がブラック=ブラックカードではない

ブラックカードは、単純に券面のデザインがブラックなカードではありません。

一般カードやプラチナカードでも券面がブラックのカードがあります。

一般カードだとOrico Card THE POINTなどが、プラチナカードだと三井住友カード プラチナなどが、以下のように黒色をベースにしたデザインです。

Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINT

三井住友 プラチナカード

三井住友カード プラチナ

他にも、ブラックカードではないものの黒色のデザインのカードが多数あります。

ブラックカードの入会条件は?

ブラックカードの入会は、基本的にインビテーションを受け取って申込する流れ(招待制)ですが、中には直接申込可能なブラックカードもあります。

インビテーションを受け取るには、発行したいブラックカードの下位カードで利用実績を積む必要があります。

どのくらい利用実績を積めばインビテーションが来るのか?というのは、基本的に公表されていません。

実際にインビテーションが来た人のみぞ知る、というのが実情です。

直接申し込み可能なブラックカードもある

ブラックカードの中でも、インビテーションなしで申込できるカードがあります。

ラグジュアリカード GOLD CARDやラグジュアリカード BLACK CARDです。

※ラグジュアリーカードは3種類ありますが、チタン→ブラック→ゴールドの順でランクが高く、ゴールドカードが最上位

ラグジュアリカードには個人向けと法人向けがあり、 GOLD CARDの場合は法人向けのみ直接申込可能です。

BLACK CARDの場合は、法人向けも個人向けも直接申込可能です。

BLACK CARDの方は、数少ない直接申込で発行可能なブラックカードです。

ブラックカードの年会費は?

ブラックカードの年会費は、カードによって幅があります。

この記事で紹介するブラックカードの場合、もっとも安くて50,000円、もっとも高いと350,000円です。

カード名 年会費 入会金 申込
アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード 350,000円 500,000円 招待制
ダイナースクラブ プレミアムカード 130,000円 招待制
ラグジュアリーカード BLACK CARD 100,000円 直接申込
ラグジュアリーカード GOLD CARD 200,000円 招待制
※法人向けは直接申込
JCBザ・クラス 50,000円 招待制

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードのみ、年会費の他に入会金が必要です。

ブラックカードの特典は?

カードによって特典は異なりますが、ブラックカードには以下のような特典が付帯しています。

  • コンシェルジュサービス
  • 航空会社や高級ホテルの上級会員資格
  • 飛行機の座席をファーストクラスにアップグレード
  • ホテルでスイートルームにアップグレード
  • 高級ホテルを割安料金で利用可能
  • 世界中の空港ラウンジが利用可能
  • 特別イベントへの招待
  • リムジンでレストランまで送迎

中にはブラックカードだからこその飛び抜けてすごい特典もありますが、プラチナカードでも付帯している特典が多数あり、被っている部分が多いのも事実です。

おすすめのブラックカード5選

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

年会費 350,000円
入会金 500,000円
ポイント還元率 1.0%
申込方法 招待制

American Express International, Inc.が発行する、最上級クレジットカードである「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」

ブラックカードの代名詞と呼べるカードであり、名実ともに洗練されていてステータス性が最強です。

年会費は350,000円とクレジットカードの中で最高額であり、唯一入会金が必要なクレジットカードです。

コンシェルジュサービスはほぼ「No」と言わないことが有名です。

テレビなどでは戦車も買えるクレジットカードと言われることもあるので、何でもできるクレジットカードと思えるほどです。

6つの有名ホテルグループの上級会員にもなれます。

航空会社では、エミレーツ航空などいくつかの航空会社の上級会員になれたり、座席がファーストクラスにアップグレードされたりするので、文字通りにVIP対応を受けられます。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードはインビテーションが必要なので、発行したい場合には、下位カードのアメリカン・エキスプレス・プラチナカードで利用実績を積みましょう。

\ 今なら最大40,000ポイントもらえる/

>>>アメックスプラチナカードは特典満載!ホテルの上級会員&VIPラウンジまで利用できて旅行が優雅に…

ダイナースクラブ プレミアムカード

年会費 130,000円
入会金
ポイント還元率 1.5%
申込方法 招待制

ダイナースカードの最上位カードである「ダイナースクラブ プレミアムカード」

日本国内のカードショッピングでは100円ごとに1.5ポイント、海外では2ポイントを得られるので、非常に高還元率なカードです。

ダイナースカードは世界シェアが少なく、使える場面がVisaやMastercardに劣るデメリットがあります。

しかしコンパニオンカードというMastercardを追加で発行できるため、カードを利用できない不便を被ることはほぼないでしょう。

さらビジネスアカウントカードも発行できるため、ダイナースクラブ プレミアムカードを発行するだけで個人用とビジネス用のカードが手に入り、ビジネス関連の経費処理が簡単になります。

ダイナースクラブ プレミアムカードはインビテーションが必要なので、発行したい場合には、下位カードのダイナースクラブカードを発行し、利用実績を積みましょう。

ラグジュアリーカード BLACK CARD

ラグジュアリーカード BLACK CARD

年会費 100,000円
入会金
ポイント還元率 1.25%
申込方法 直接申込

Mastercardの最上位であるWorld Elite Mastercardを採用したブラックカードである「ラグジュアリーカード BLACK CARD」

ブラックカードでは珍しく、インビテーションなしで直接申込できるクレジットカードです。

ポイント還元率は常時1.25%と高還元カードです。

ラグジュアリーカードBLACK CARDならではの特典としては、TOHOシネマズが月1回以上無料になる映画優待やメール対応可能なコンシェルジュデスク、リムジンでの片道送迎*などがあります。

コンシェルジュデスクは依頼結果をメールで送ってもらえるため、メモを取る必要もなく、忘れても読み返すことが出来るため大変便利です。

※ラグジュアリーカードのダイニング特典を利用する場合に、往路の片道送迎をリムジンでしてくれるサービスです。

>>>ラグジュアリーカード ブラック徹底解説2020!VIP特典&高還元率&重厚感デザインの新生ステータスカード!

ラグジュアリーカード GOLD CARD

Luxury-gold

年会費 200,000円
入会金
ポイント還元率 1.5%
申込方法 招待制
※法人用は直接申込

Mastercardの最上位であるWorld Elite Mastercardを採用したブラックカードである「ラグジュアリーカード GOLD CARD」

ラグジュアリーカードは3種類ありますが、チタン→ブラック→ゴールドの順でランクが高く、ゴールドカードが最上位です。

ポイント還元率は、1.5%と素晴らしい還元率を誇ります。

ラグジュアリーカード GOLD CARDだからこその特典としては、以下のようなものがあります。

  • ハワイアン航空の上級会員
  • 指定のレストランを予約すると往路もしくは復路でリムジン送迎

法人向けの場合は直接申込可能ですが、個人の場合にはインビテーションが必要です。

ラグジュアリーカード GOLD CARDを発行したい場合には、下位カードのラグジュアリーカード BLACK CARDを発行し、利用実績を積みましょう。

JCBザ・クラス

JCBザ・クラス

年会費 50,000円
入会金
ポイント還元率 0.5%
申込方法 招待制

日本の国際ブランドJCBの最上級カードである「JCBザ・クラス」

年会費は50,000円であり、このカードを上回る年会費が必要なプラチナカードもあるので、安いブラックカードと言えます。

JCBザ・クラスを保有すると、メンバーズ・セレクションという選べるプレゼントがもらえるのですが、大体20,000~30,000円ほどの価値なので実質半額ほどで保有できます。

2020年の選べるプレゼントには、JCBトラベル クーポン(海外旅行3万円分)や東京ディズニーリゾート パークチケット2枚+ぬいぐるみのなどがありました。

JCBザ・クラスだからこその特典としては、東京ディズニーリゾート関連で豊富なベネフィットであり、東京ディズニーリゾートの会員専用JCBラウンジや東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージオリジナルプランが利用できたりします。

JCBザ・クラスはインビテーションが必要なので、発行したい場合には、下位カードのJCBプラチナカードを発行し、利用実績を積みましょう。

\ 最大13,500円相当のポイントがもらえる/

※Amazon利用で最大ポイント8倍

>>>JCBプラチナ徹底解説!充実した付帯特典と高いステータスを兼ね備えたコスパ抜群のカード

コラム:名実ともに洗練されているブラックカードは…

ブラックカードを5種類紹介しましたが、名実ともに洗練されていてステータス性が最強なブラックカードは「アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード」です。

アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカード

提携しているホテルを予約するとスイートルームにアップグレードしてくれたり、航空会社によっては飛行機の座席をファーストクラスにアップグレードしてくれたり、文字どおりVIP対応を受けられます。

他のブラックカードは、下位カードのプラチナカードと特典などが大差ないケースが多いので、ステータス性を求めない場合にはプラチナカードでもいいかもしれません。

ブラックカードはステータス性の象徴であり、財布から出した時に驚かれたり感心されることもあるので、そういうのを求めている場合にはブラックカードは発行する価値があります。

とにかく最高峰の特典やVIP対応を受けたりしたい場合には、アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードを目指してみてはいかがでしょうか?

下位カードのアメリカン・エキスプレス・プラチナカードは直接申込可能なので、審査さえ通過すればすぐ発行することが可能なので、ブラックカードのインビテーションを目標に利用実績を積み重ねてみてください。

まとめ

ブラックカードは一握りの人だけが発行できるクレジットカードですが、ひとことにブラックカードと言ってもさまざまです。

一般的には、ブラックカード=アメリカン・エキスプレス・センチュリオンカードという印象なので、いくつも種類があることに驚いたかもしれません。

中には一般人でも発行できる可能性があるブラックカードもあるので、いずれブラックカードを保有したい場合には、発行したいブラックカードの下位カードをできる限り活用して利用実績を積みましょう。


特徴別:おすすめクレジットカード

特徴別におすすめのクレジットカードをまとめています。

クレジットカードは種類が多く選ぶのが大変なので、カード選びの参考にしていただければ幸いです。


参考文献

(2020年7月30日時点確認)

 

目次
閉じる