MENU
カテゴリー

ANA Visa ワイドゴールドカードを徹底解説!高還元率でコスパがよく人気高いANAカード!

※当記事ではANA Visa/Mastercard ワイドゴールドカードをANA Visa ワイドゴールドと表記することがあります

ANA Visa/Mastercard ワイドゴールドカードは、通常のポイント還元率が1.0%と高還元率であり、国内主要空港のラウンジが利用できたり、旅行保険もきちんと付帯していたりとバランスがいいカードです。

通常年会費が15,400円とゴールドカードでは平均的な価格ですが、年1回のリボ払いとWeb明細の利用で年会費が10,450円に割引されるため、コストパフォーマンスの高く人気があります。

またリボ払いを活用することでポイント還元率を1.3%にできるため、効率よくマイルを貯めることができるのも隠れたメリットです。

そんなANA Visa/Mastercard ワイドゴールドカードの基本スペックからメリット・デメリットまで紹介します。

ここだけの話…これからANAカードを発行するなら、ANAアメリカン・エキスプレス・カードがもっともおすすめです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードはマイル還元率が1.0%と高還元率であり、ポイントの有効期限を無期限にできる特徴がありながら、通常年会費7,700円とコスパ抜群です。

もっともおすすめな理由は入会特典で60,000マイル相当のポイントを獲得できるからです。

ANA Visa ワイドゴールドカードで600万円決済分が一気にもらえるチャンスは早々ありません…

今だけの盛大なキャンペーンをお見逃しなく!

\ 最大60,000マイル相当もらえる/

タップして移動できる目次

ANA Visa ワイドゴールドカードの基本スペック

ANA Visa/Master ワイドゴールドカード
国際ブランドVisa
Mastercard
年会費初年度15,400円
2年目〜9,500円
※割引後
還元率常時1.0%
最大2.0%
追加カード家族4,000円
※割引あり
ETC500円
※初年度無料
※年1回利用で無料
発行スピード通常2~3週間
電子マネーiD
楽天Edy
付帯保険海外最大5,000万円
国内最大5,000万円

ANA Visa ワイドゴールドカードは、以下のような特徴があります。

  • ポイント還元率が常時1.0%と高還元率
  • リボ払いの利用で1.3%にできるポテンシャル
  • ANA利用時にボーナスマイルがもらえる
  • 空港ラウンジや旅行保険など特典が充実
  • 年会費は10,450円(割引後)とコスパ抜群
  • Visaなので世界中どこでも利用可能

とてもバランスがいいカードです。

とくにポイント還元率1.3%で年会費10,450円というのは破格であり、数あるANAカードの中で人気があるのも納得です。

ANAカードなのでANAの航空券を購入するとき、ANAを利用するときには+αでマイルをもらうことができます。

年会費は15,400円(割引あり)

ANA Visa ワイドゴールドカードの年会費は15,400円です。

2年目以降は年会費の割引制度があり、最安で10,450円です。

年会費を10,450円にする条件は、年1回だけマイ・ペイすリボを利用して利子を発生させることと、紙の明細からWeb明細に変更することです。

マイ・ペイすリボはリボ払いなので強く推奨はしませんが、支払額を細かく設定すればほぼ利子を発生させないようにできるため、年会費を4,950円も安くするために年1回だけリボ払いをするのはおすすめです。

ポイント還元率は最大1.3%

ANA Visaワイドゴールドカードのポイント還元率は1.0%です。

三井住友カード(NL)とANAが提携して発行するカードであり、カードを利用すると三井住友カード(NL)のVポイントが貯まります。

ANA Visaワイドゴールドカードの場合は利用金額200円(税込)ごとにVポイントが1ポイント貯まります。

ワイドゴールドカードなら1ポイント=2マイルでANAマイルに移行できるので、利用金額200円ごとに2マイル(還元率1.0%が得られます。

クレジットカードはポイント還元率が1.0%以上だと高還元率と言われる中、ANA Visa ワイドゴールドカードは最大で1.3%になるポテンシャルがあります。

ポイント還元率を1.3%にするにはマイ・ペイすリボを利用する必要があり、毎月支払額を調整しないと利子が多くなってしまう可能性があるため注意が必要ですが、利子以上の価値になるポイントを獲得できるためおすすめです。

ANAカードでポイント還元率1.3%以上を実現できるカードは、ANA Visa ワイドゴールド以外だと年会費が8万円を超えてくるので、ANA Visa ワイドゴールドはコスパ抜群です…!

\ 今なら最大10万円分の旅行券が当たる/

他にもポイント還元率がアップするケースがあるので、以下の3つを紹介します。

  • ポイントUPモール
  • ココイコ!
  • ANAカードマイルプラス
  • ANAマイレージモール
  • ANAグルメマイル

ポイントUPモールでAmazon・楽天などがお得

ポイントUPモールとは、三井住友カード(NL)が運営するショッピングモールであす。

ネットショッピングをする際にポイントUPモールを経由すると、基本ポイントに加えて追加のポイントがもらえます。

Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングではポイントが2倍になり、なかにはポイント20倍になるお店もあります。

ココイコ!でリアル店舗がお得

ココイコ!は、ポイントUPモールの実店舗版のようなサービスです。

ココイコ!に掲載されているお店に事前エントリーをして、そのお店でカードを利用するとポイントアップやキャッシュバックが受けられます

対象のショップのジャンルは多数あり、書店やレストラン、ショッピングモールなど、普段行くショップがあるはずです。

ココイコ!(一例)

  • タカシマヤ:
    ポイント3倍またはキャッシュバック1.0%
  • ビックカメラ:
    ポイント2倍またはキャッシュバック0.5%
  • 東急百貨店:
    ポイント3倍またはキャッシュバック1.0%
  • 紀伊國屋書店:
    ポイント2倍またはキャッシュバック0.5%
  • びっくりドンキー:
    ポイント2倍またはキャッシュバック0.5%
  • かっぱ寿司:
    ポイント2倍またはキャッシュバック0.5%
  • USJ:
    ポイント3倍またはキャッシュバック1.0%

ANAカードマイルプラス

ANAカードマイルプラスは、加盟店でANA Visa/Mastercard ワイドゴールドカードを利用すると、カード利用時にもらえるポイントとは別に追加でANAマイルをもらえます。

ポイント還元率が1.5%や2.0%にもなります。

ANAカードマイルプラス加盟店の一例は以下の通りです(※2020年8月現在)。

カテゴリ提携店レート
航空券
機内販売
ビジネスジェット
ANA・ANAグループ100円=1マイル
ANA国内線・国際線 機内販売
空港アクセスイースタンエアポートモータース200円=1マイル
ハロー・トーキョー
多古タクシー100円=1マイル
東京MKタクシー
お土産 免税店三洋堂100円=1マイル
JTB商事
高島屋免税店SHILLA&ANA
メルセデス ミー 東京羽田200円=1マイル
空港施設アンジュ保育園100円=1マイル
スーパー コンビニ ドラッグストアセブン-イレブン200円=1マイル
マツモトキヨシ100円=1マイル
交通
ENEOS100円=1マイル
出光興産200円=1マイル
石川交通
東京無線タクシー
グリーンキャブ100円=1マイル
大和自動車交通グループ

これ以外にも「書籍・雑誌・新聞CD・DVD」や「食品・飲料・お酒」や「美容・健康」などさまざまなジャンルにおいて、加盟店があります。

ANAマイレージモール

ANAマイレージモールは、さまざまなネットショップを集約したようなサイトであり、ANAマイレージモールを経由して買い物すると追加でANAマイルをもらえます。

今まで直接アクセスしていたのを、少し遠回りしてANAマイレージモール経由にするだけでもらえるポイントが増えるというわけです。

ANAマイレージモールの一例は以下の通りです(※2020年8月現在)。

グループホテル名
ANAカード限定提携ホテルANA ホリデイ・イン リゾート 宮崎尾道国際ホテル
カヌチャリゾートカフーリゾートフチャクコンド・ホテル
KIZASHI THE SUITE蔵群
グリーンピア大沼京急EXイン
強羅環翠楼サホロリゾートホテル
ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留JRホテルクレメント高松
スターゲイトホテル関西エアポートソルヴィータホテル那覇
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ富山地鉄ホテル
西鉄ホテルズ橋本パークホテル
いぶすき秀水園ホテルモントレ
ホテルマイステイズ羽田ホテル法華クラブグループ
万世閣ホテルズ宮崎観光ホテル
八百治博多ホテルリーガロイヤルグラン沖縄
ルートインホテルズレンブラントホテル海老名
ザ・テラスホテルズザ・ナハテラスザ・ブセナテラス
ザ・テラスクラブ アット ブセナジ・アッタテラス クラブタワーズ
ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ
シギラリゾートウェルネスヴィラ ブリッサシギラベイサイドスイート アラマンダ
ホテルブリーズベイマリーナ
かりゆしホテルズ沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハOkinawa Spa Resort EXES
沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ
オークラ ホテルズ & リゾーツオークラ千葉ホテルオークラアクトシティホテル浜松
オークラフロンティアホテルつくばオークラ アカデミアパーク ホテル
京都ホテルオークラフォレスト・イン昭和館
ホテルオークラ札幌ホテルオークラ新潟
ホテルオークラ神戸ホテルオークラ福岡
ホテルイースト21東京
東急ホテルズ札幌東急REIホテル札幌エクセルホテル東急

ANAグルメマイル

ANAグルメマイルは、ANAカードと提携しているレストランで食事をするときにANA Visa/Mastercard ワイドゴールドカードを利用することで、追加でANAマイルをもらえます。

たくさんのお店が提携しています。

参考:ANA GOURMENT MILE

ボーナスマイルでマイルが獲得しやすい

ANA Visa ワイドゴールドを保有していることで、いくつかの場面でANAマイルをもらうことができます。

  • 継続ボーナスマイル
  • フライトボーナスマイル

上記についてそれぞれ説明します。

継続ボーナスマイル

継続ボーナスマイルは、ANA Visa ワイドゴールドを継続する際にもらうことができるマイルです。

ANAカードの場合は、そのカードのグレードによってもらえるマイルが設定されています。

ANA Visaワイドゴールドはゴールドカードに分類されるため、毎年継続するごとに2,000マイルもらえます。

他のグレードとの違いは以下の通りです。

対象カード入会時のボーナスマイル継続時のボーナスマイル
(翌年以降毎年カード更新時のボーナス)
ANAカード一般1,000マイル1,000マイル
ANAゴールドカード2,000マイル2,000マイル
ANAカードプレミアム10,000マイル10,000マイル

フライトボーナスマイル

ANA便に乗るときには、ANA Visaワイドゴールドカードを保有していることでフライトマイルの25%分が追加で付与されます。

実際に「東京〜那覇・エコノミークラス・早割」の場合で確認してみます。

ANAカードを保有していても、していなくてももらえるマイル数が「738マイル」です。

ここからさらに、ANA Visaワイドゴールドカードの特典として「184マイル」がもらえます。

ANA Visa ワイドゴールドはANAカードであるため効率よくANAマイルを貯めることができます!上記以外でも、ANAで優遇される特典もあったります!

\ 今なら最大10万円分の旅行券が当たる/

ANA Visa ワイドゴールドカードの特典

ANA Visa ワイドゴールドカードの特典の中で重要な箇所を紹介します。

旅行保険は充実しているが注意点あり

ANA Visa ワイドゴールドカードは、海外と国内の旅行保険が付帯します。

ゴールドカードの中では平均的であり補償内容は充実していますが、一部注意が必要な箇所があります。

またショッピング保険もあります。

海外旅行保険

海外旅行保険の補償内容は以下の通りです。

補償内容補償金額
死亡・後遺障害5,000万円
傷害治療費用150万円
疾病治療費用150万円
救援者費用100万円
賠償費用3,000万円
携行品損害年50万円
※1旅行50万円

ANA Visa ワイドゴールドカードの海外旅行保険で懸念点があるとすると、傷害治療と疾病治療の補償です。

これらは治療・入院した時の補償ですが、150万円だと心もとなさがあります。

2018年度は「27人に1人」がなんらかの事故・病気等に遭われ海外旅行保険を利用しています。

(中略)

「治療・救援費用」の保険金支払いが300万円以上の高額医療費用事故は世界各地で発生していますが、特に欧米で多くなっています。治療・救援費用の保険金支払最高額は、3,052万円となりました。

引用:株式会社JTB|2018年度 海外旅行保険事故データ

海外旅行をするときには、ANA Visa ワイドゴールドカードの保険だけに頼らず、サブカードとして傷害治療と疾病治療が充実したクレジットカードの保有を推奨します。

傷害治療と疾病治療は別のカードの上限額と合算可能です。

仮に傷害治療と疾病治療が200万円まで補償されるサブカードがあれば、ANA Visa ワイドゴールドカードと合わせて350万円までカバー可能です。

サブカードとしておすすめなのはエポスカードです。年会費無料ながら補償金額が傷害治療費用が200万円、疾病治療費用が270万円ととても充実しています。

国内旅行保険

国内旅行保険の補償内容は以下の通りです。

内容補償金額
死亡・後遺障害5,000万円
入院保険金日額150万円
通院保険金日額5,500円
手術費用2,200円
乗継遅延費用2万円
出航遅延・欠航
搭乗不能費用
1万円
手荷物遅延費用1万円
手荷物紛失費用2万円

ショッピング保険

ANA Visa ワイドゴールドカードで購入した商品の損害を補償する動産総合保険(お買物安心保険)が付帯しています。

補償額は年間300万円までです。

3,300円の自己負担はありますが、それ以上の損害が出た場合は補償されます。

空港ラウンジが利用可能

利用できる空港ラウンジがある空港は以下の通りです。

地域空港名
北海道 東北新千歳空港函館空港
旭川空港青森空港
秋田空港仙台国際空港
中部新潟空港富山空港
小松空港中部国際空港
富士山静岡空港
関東成田国際空港羽田空港
近畿伊丹空港関西国際空港
神戸空港
中国岡山空港広島空港
米子鬼太郎空港山口宇部空港
出雲縁結び空港
四国徳島空港高松空港
松山空港
九州 沖縄福岡空港北九州空港
長崎空港大分空港
阿蘇くまもと空港 宮崎ブーゲンビリア空港
鹿児島空港那覇空港
ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港

利用できる空港ラウンジは、カード会社が運営する空港ラウンジでありANAが運営するANAラウンジは利用できません。

カード会社が運営する空港ラウンジは、待合室的な感じであり豪華ではありません。

しかし座れるスペースが多かったり、ソフトドリンクやコーヒーなどがおいてあったり、電源があったりするので重宝します。

ちなみにANA Visa ワイドゴールドカードの上位カードである、ANA Visa プラチナ プレミアムカードであればANAラウンジも利用できます。

ビジネスクラスカウンターの利用

ANAの国際線利用時は、エコノミークラスの利用であってもビジネスクラス専用カウンターを利用できます。

エコノミークラスの混雑に巻き込まれず、スムーズなチェックインができるのは大きなメリットです。

繁忙期などは先が見えないほどの列ができることもありますが、ビジネスクラス専用のカウンターが利用できるとスムーズに手続きが完了するので便利です。

ANA Visa ワイドゴールドカードの審査は?

ANA Visa ワイドゴールドカードのお申し込み対象は、以下の通りです。

原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

※ゴールドカード独自の審査基準により発行させていただきます。

審査についてはANA Visa ワイドゴールドカードに限らず、どのクレジットカードも基準を公表していません。

申し込みハードルは決して高くない

ANA Visa ワイドゴールドカードの審査について明確にお伝えすることはできませんが、ゴールドカードとしては申し込み基準が厳しくないと言えます。

例えばANAダイナースカードであれば満27歳以上という制限があります。

ANA Visa ワイドゴールドカードは「満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」という条件なので、もし審査が不安でも社会人であれば申し込みしてみる価値があります。

仮に審査落ちをしてしまった場合でも、6ヶ月後には審査落ちの記録は消えるので、安心して申し込んでみてください!

\ 今なら最大10万円分の旅行券が当たる/

ANAワイドゴールドは、Visa/MastercardとJCBが違う?

ひとことにANAワイドゴールドカードといっても、国際ブランドはVisa/MastercardとJCBがあります。

ANAワイドゴールドカードは、国際ブランドによって発行しているカード会社が異なります。

  • Visa/Mastercard
    三井住友カード株式会社が発行
  • JCB
    株式会社JCBが発行

VisaとMastercardについては、ANAワイドゴールドカード自体の特徴はほぼ同じですが、JCBとVisa/Mastercardは異なる点が多々あります。

結論、Visa/Mastercardがおすすめです。

その理由は、Visa/Mastercardの方がポイント還元率が高いからです(JCBの場合は最大還元率が1.075%)。

VisaかMastercardかのどちらを選ぶかは好みですが、とくに好みがない場合には世界シェアが高いVisaがおすすめです。

基本スペックの違い

Visa/MastercardとJCBでは基本的なスペックが異なります。

またVisaとMastercardでも、特典が一部異なりますが、ほぼ変わらないのでどちらを選んでも大差ありません。

年会費がVisa/Mastercardの方が最大4,500円お得

Visa/Mastercardは、以下の2ステップで年会費を15,400円から10,450円にできます。

  • マイ・ペイすリボに登録し利子を発生させる
    3,500円の割引
  • Web明細を申し込み
    1,000円の割引

JCBの場合だと、Visa/Mastercardのような割引はありません。

年会費を抑えたい場合は、VisaかMastercardを選びましょう。

特典の違い

発行元が違うため、特典が若干異なります。

Visa/Mastercardの特典

  • ゴールドデスク
  • ドクターコール24の利用
  • ANA銀聯カードの発行
  • VISA・MY LOUNGE(情報誌)の無料購読
  • 宿泊予約サイトRelux優待
  • ハーツレンタカー優待
  • ココイコ!(還元率最大18倍・キャッシュバックなど)
  • VJホテルステイプラン
  • 世界のお得なお店ガイド(クーポン)
  • グローバルパス(アジア300店舗で優待)
  • VJトラベルデスク(パッケージツアー最大5%OFF)
  • VJデスク(海外での日本語サポート)
  • 空港ラウンジサービス
  • ハワイ・ホノルルラウンジ
  • VJ Supreme Selection
  • プレミアムポイント(加盟店で最大20倍のポイント)
  • VISAゴールド空港宅配
  • VISAゴールド国際線クローク
  • VISAゴールド海外Wi-Fiレンタル

JCBの特典

  • ゴールドデスク
  • ゴールドカード最高水準の海外旅行傷害保険付帯
  • 空港ラウンジサービス
  • JCBゴールド チケットサービス
  • JCB THE PREMIUM(情報誌)の購読
  • JCBトラベル OkiDokiトクトクサービス(パッケージツア購入でポイント5倍)
  • 手荷物無料宅配券サービス
  • 海外ホテルオンライン予約
  • 国内宿泊オンラインサービス
  • ハーツレンタカー割引
  • JCBゴールド グルメ優待
  • 京浪漫(優待付ガイドブック)
  • JCB暮らしのお金相談ダイヤル
  • JCBゴルファーズ倶楽部
  • JCBゴールド ゴルフサービス
  • 健康チェックサービス
  • 人間ドックサービス
  • ドクターダイレクト24
  • JTBグランドツアー(ポイント5倍)
  • 東京ディズニーリゾートへの旅(ポイント5倍)

まとめ:ANA Visa ワイドゴールドは万能なおすすめカード!

ANA Visa ワイドゴールドカードは、高還元率でANAマイルを貯められ、特典充実しているにもかかわらず年会費10,450円とコスパ抜群なANAカードです。

ANA Visa ワイドゴールドカードを活用して、効率的にANAマイルを貯めてみてはいかがでしょうか?

ANA Visa ワイドゴールドはとにかくバランスが良いカードです。ポイント還元率が高くて特典も充実していながら、年会費が10,450円とコスパ抜群であり、とてもおすすめなANAカードです!

\ 今なら最大10万円分の旅行券が当たる/

もしも他のANAカードと比較したい場合には、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:ANAカードのおすすめを徹底比較!選び方から注意点まで分かりやすく解説!

※2020年6月時点での情報です。最新の情報は公式サイトをご確認ください。
タップして移動できる目次
閉じる