MENU
カテゴリー

ANAアメックスカードはANAマイルを貯めるのにコスパ抜群なANAカード

※当記事では、年会費などの金額表記を、原則すべて税抜価格で表記しています。

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(以下、ANAアメックスカード)は、ポイント還元率1.0%*と高還元率であり、マイルを効率的に貯められるカードです。

※ポイント移行コース登録時

空港ラウンジや旅行保険など、旅行時に嬉しい特典が充実していながら、年会費は7,000円とお得です。

この記事では、ANAアメックスカードの基本的なスペックからメリット・デメリットまで紹介します。

目次

ANAアメックスカードの基本スペック

ANAアメックスカード
国際ブランド AMEX
年会費 初年度 7,000円
2年目〜 7,000円
還元率 常時 1.0%
最大 1.5%
追加カード 家族 2,500円
ETC 無料
※発行手数料850円
※5枚まで発行可能
発行スピード 通常1~3週間
電子マネー QUICPay
楽天Edy
付帯保険 海外 最大3,000万円
国内 最大2,000万円

年会費

ANAアメックスカードの年会費は7,000円です。

ノーマルカード(一般カード)としては高い印象を受けるかもしれませんが、カードスペックや特典を考えるとコスパいいカードです。

ANAアメックスカードを利用して貯めたメンバーシップ・リワードポイントは、ANAマイルに交換する過程で別途お金がかかるので、その点は注意が必要です。

ポイントを高レートでANAマイルに交換する「ポイント移行コース」

ANAアメックスカードで貯めたポイントはANAマイルに移行できますが、カード年会費に6,000円をプラスして「ポイント移行コース」に登録する必要があります。

移行レート 1,000ポイント=1,000マイル
(1,000ポイント以上1,000ポイント単位)
移行ポイント数
の上限
年間の上限:なし
1日の上限:999,000ポイント(1日1回まで)

ポイントからマイルに移行する際の年間の上限はなく、ポイント移行コースに登録すればポイントの有効期限が無期限になるメリットもあります。

この「ポイント移行コース」は毎年支払う必要はありません。

ANAアメックスカードで獲得したポイントの有効期限は3年間なので、有効期限が切れる前にポイント移行コースに加入すれば、ポイントの有効期限を実質無期限にできます。

以下はANAアメックスカードの公式サイトに掲載されている説明図です。

出典:AMEX公式サイト|ポイント移行コースについて

ご覧のように、ANAアメックスカード側も毎年ポイント移行コースに加入することを推奨しているわけではないのがわかります。

しかし毎年のようにANAマイルに高レートで交換したい場合には、毎年のようにポイント移行コースへの加入する必要があります。

ポイント還元率

ANAアメックスは100円利用ごとにメンバーシップ・リワードポイントが1ポイント加算されます。

※メンバーシップ・リワードポイントはANAマイルではありません。

メンバーシップ・リワードポイントを1ポイント=1ANAマイルで交換できる*ので、ANAアメックスのポイント還元率は1.0%と高還元率を実現できます。

※ポイント移行コース加入時

ANAマイルが追加で貯まるお店がある

ANAアメックスカードには、特約店のように優遇されるお店があります。

  1. ANAカードマイルプラス
  2. ANAマイレージモール
  3. ANAグルメマイル

ANAカードマイルプラス

ANAカードマイルプラスは、加盟店でANAアメックスカードを利用すると、カード利用時にもらえるポイントとは別に追加でANAマイルをもらえる制度です。

ポイント還元率が1.5%や2.0%にもなります。

ANAカードマイルプラス加盟店の一例は以下の通りです(※2020年8月現在)。

カテゴリ 提携店 レート
航空券
機内販売
ビジネスジェット
ANA・ANAグループ 100円=1マイル
ANA国内線・国際線 機内販売
空港アクセス イースタンエアポートモータース 200円=1マイル
ハロー・トーキョー
多古タクシー 100円=1マイル
東京MKタクシー
お土産 免税店 三洋堂 100円=1マイル
JTB商事
高島屋免税店SHILLA&ANA
メルセデス ミー 東京羽田 200円=1マイル
空港施設 アンジュ保育園 100円=1マイル
スーパー コンビニ ドラッグストア セブン-イレブン 200円=1マイル
マツモトキヨシ 100円=1マイル
交通
ENEOS 100円=1マイル
出光興産 200円=1マイル
石川交通
東京無線タクシー
グリーンキャブ 100円=1マイル
大和自動車交通グループ

上記以外にも「書籍・雑誌・新聞CD・DVD」や「食品・飲料・お酒」や「美容・健康」などさまざまなジャンルにおいて、加盟店があります。

参考:ANAカードマイルプラスで貯める

ANAマイレージモール

ANAマイレージモールは、さまざまなネットショップを集約したようなサイトです。

ANAマイレージモールを経由して買い物すると、追加でANAマイルをもらえます。

今まで直接アクセスしていたのを、少し遠回りしてANAマイレージモール経由にするだけでもらえるポイントが増えてお得なので、活用してみてはいかがいでしょうか。

ANAマイレージモールの一例は以下の通りです(※2020年8月現在)。

グループ ホテル名
ANAカード限定提携ホテル ANA ホリデイ・イン リゾート 宮崎 尾道国際ホテル
カヌチャリゾート カフーリゾートフチャクコンド・ホテル
KIZASHI THE SUITE 蔵群
グリーンピア大沼 京急EXイン
強羅環翠楼 サホロリゾートホテル
ザ ロイヤルパークホテル 東京汐留 JRホテルクレメント高松
スターゲイトホテル関西エアポート ソルヴィータホテル那覇
ソラーレ ホテルズ アンド リゾーツ 富山地鉄ホテル
西鉄ホテルズ 橋本パークホテル
いぶすき秀水園 ホテルモントレ
ホテルマイステイズ羽田 ホテル法華クラブグループ
万世閣ホテルズ 宮崎観光ホテル
八百治博多ホテル リーガロイヤルグラン沖縄
ルートインホテルズ レンブラントホテル海老名
ザ・テラスホテルズ ザ・ナハテラス ザ・ブセナテラス
ザ・テラスクラブ アット ブセナ ジ・アッタテラス クラブタワーズ
ジ・ウザテラス ビーチクラブヴィラズ
シギラリゾート ウェルネスヴィラ ブリッサ シギラベイサイドスイート アラマンダ
ホテルブリーズベイマリーナ
かりゆしホテルズ 沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ Okinawa Spa Resort EXES
沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ
オークラ ホテルズ & リゾーツ オークラ千葉ホテル オークラアクトシティホテル浜松
オークラフロンティアホテルつくば オークラ アカデミアパーク ホテル
京都ホテルオークラ フォレスト・イン昭和館
ホテルオークラ札幌 ホテルオークラ新潟
ホテルオークラ神戸 ホテルオークラ福岡
ホテルイースト21東京
東急ホテルズ 札幌東急REIホテル 札幌エクセルホテル東急

ANAグルメマイル

ANAグルメマイルは、ANAカードと提携しているレストランで食事をするときにANAアメックスカードを利用することで、追加でANAマイルをもらえる制度です。

たくさんのお店が提携しています。

参考:ANA GOURMENT MILE

メンバーシップ・リワードについて

ANAアメックスカードは、利用するごとにメンバーシップ・リワードというポイントが貯まります。

メンバーシップ・リワードは、ANAマイルをはじめTポイントや楽天ポイントなどに交換できます。

直接ANAマイルが貯まらないのは不便と感じるかもしれません。

しかし、直接貯まらないことによりマイルの有効期限を長くできたり、ANA以外の航空会社のマイルにも交換できたりします。

ANAマイル以外では交換レートが落ちますが、以下の14の航空会社のマイルに交換できます。

航空会社名
スカンジナビア航空
キャセイパシフィック航空
アリタリアイタリア航空
エティハド航空
エミレーツ航空
エールフランス航空
カタール航空
シンガポール航空
タイ国際航空
チャイナエアライン
デルタ航空
フィンエアー
ブリティッシュ・エアウェイズ
ヴァージンアトランティック航空

しかし、上記の航空会社のマイルに交換するのはおすすめできません。

同じポイント数をANAマイルに交換する時と比較してマイル数が減ってしまうからです。

カード継続やANA搭乗時にボーナスマイルがもらえる

ANAアメックスカードはANAカードなので、ANAカードの特典としてカード入会・継続や、ANA便搭乗でボーナスマイルをもらえます。

入会・継続ボーナスマイル

対象カード 入会時の
ボーナスマイル
毎年継続時の
ボーナスマイル
ANAカード(一般) 1,000マイル 1,000マイル
ANAゴールドカード 2,000マイル 2,000マイル
ANAカードプレミアム 10,000マイル 10,000マイル

ANAアメックスカードはANAカード(一般)なので、毎年継続するごとに1,000マイルもらえます。

フライトボーナスマイル

ANA便に乗るときには、フライトボーナスマイル(=ANAマイル)をもらえます。

ANAアメックスカードを保有していることで、フライトマイルの10%を追加で付与してくれます。

実際に「東京〜那覇・エコノミークラス・早割」の場合で確認してみます。

上記のように、ANAアメックスカードを保有していることで10%上乗せして加算されます。

国内の空港ラウンジが利用できる

ANAアメックスカードを保有すると、空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用できます。

空港ラウンジ特典は、基本的にゴールドカード以上に付帯する特典ですが、ANAアメックスカードには付帯しています。

空港に早めに到着しても、ラウンジでゆっくり軽食を食べたり、お酒を飲んだりしながら飛行機までの時間を過ごせます。

電源コンセントやWi-Fi、新聞・雑誌なども用意されているので、PC作業などの仕事等ができます。

利用できる空港ラウンジは以下の通りです。

地域 空港名
北海道 東北 新千歳空港 函館空港
青森空港 秋田空港
仙台国際空港
中部 新潟空港 富山空港
小松空港 中部国際空港
関東 成田国際空港 羽田空港
近畿 伊丹空港 関西国際空港
神戸空港
中国 岡山空港 広島空港
米子鬼太郎空港 山口宇部空港
四国 徳島空港 高松空港
松山空港
九州 沖縄 福岡空港 北九州空港
長崎空港 大分空港
阿蘇くまもと空港 鹿児島空港
那覇空港
ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港

付帯保険

ANAアメックスカードの付帯保険は以下です。

海外旅行保険 死亡後遺障害 3,000万円
傷害治療 100万円
疾病治療 100万円
携行品損害 30万円
賠償責任 3,000万円
救援者費用 200万円
航空機遅延保険 なし
国内旅行保険 死亡後遺障害 2,000万円
入院保険金日額 なし
通院保険金日額 なし
手術保険金 なし
航空機遅延保険 なし
ショッピング保険 海外 200万円
国内 200万円

充実した補償内容ですが、傷害治療と疾病治療(治療・入院時の補償)に対する補償額には不安が残ります。

以下の引用をご覧ください。

2018年度は「27人に1人」がなんらかの事故・病気等に遭われ海外旅行保険を利用しています。

(中略)

「治療・救援費用」の保険金支払いが300万円以上の高額医療費用事故は世界各地で発生していますが、特に欧米で多くなっています。治療・救援費用の保険金支払最高額は、3,052万円となりました。

引用:株式会社JTB|2018年度 海外旅行保険事故データ

海外旅行をするときには、ANAアメックスカードの保険だけに頼らず、サブカードとして傷害治療と疾病治療が充実した年会費無料のクレジットカードの保有を推奨します。

傷害治療と疾病治療は別のカードの上限額と合算可能なので、仮に傷害治療と疾病治療が200万円まで補償されるサブカードがあれば、ANAアメックスカードと合わせて300万円までカバー可能です。

審査や申込ハードル

ANAアメックスカードの公式サイトには「満20歳以上で定職のある方」とあります。

定職ですが、狭義には契約社員を含めずに正規雇用による正社員のみを指し、広義には長期雇用が前提の常勤職員として就職することを指すことがあります。

したがってアルバイトやパートなどでは審査通過が難しいかもしれません。

まとめ

ANAアメックスカードは、以下の点から非常におすすめできるクレジットカードです。

  • ポイント還元率が1.0%*と高還元率
  • 旅行保険・空港ラウンジ特典などが充実
  • 年会費7,000円なのでコスパ抜群
  • 入会キャンペーンが充実

※ポイント移行コース加入時

コスパよくANAマイルを貯められるので、ANAアメックスカードを活用してお得に旅行するきっかけにしてみてはいかがでしょうか?


参考文献

2020年6月16日時点確認

目次
閉じる