口座開設には2パターンあります | ネット証券会社比較 - 比較.com

トップフルバナー 

比較.com > ネット証券会社比較トップ > 口座開設には2パターンあります


取引開始のステップ

『口座開設には2パターンあります』

通常、初めての口座開設では「特定口座」と「一般口座」の選択に迷います。
さらに特定口座の中でも「源泉徴収アリ」と「源泉徴収ナシ」の2つがあります。
しかし、初めて口座を開設する人は迷わずに「特定口座(源泉徴収あり)」を選びましょう。
特定口座とは簡単に確定申告を行うための口座です。

株式などの売却で得た利益は、所得として税金を納付する義務があります。

「一般口座」の場合、年間を通した取引に関わる損益を自ら計算し、書類作成後に税金と共に税務署へ提出します。

「特定口座」の場合、口座に関わる年間の取引に関しては、証券会社が損益計算してもらえます。
さらに「源泉徴収アリ」の場合、税金の納付も証券会社が代行します。

「源泉徴収ナシ」の場合、証券会社から年間取引に関する報告書が送付されるため、確定申告書を作成して税金と共に税務署に提出します。

複数の証券会社に口座を所持している場合は、一般口座を選択するか、特定口座(源泉徴収なし)を選択した方が便利です。

『特定口座を持っていても確定申告をしたいケース』

特定口座(源泉徴収あり)を持っている方は確定申告を行う必要が無いですが、次のようなケースは確定申告を行うほうが「得」をします。

「1.年間トータルでマイナスになっている人」
年間トータルでマイナスになっている人は、確定申告をして税務署に提出することで、
翌年以降の3年間にわたって損失を繰り越すことが可能です。

「2.複数の特定口座を所持していて、どちらか一方でだけ利益が出ている人」
複数の特定口座を持っている人で、どれか1つだけで利益を出していて、他の口座がマイナスの人は、他のマイナスの口座分を相殺して払いすぎた税金が戻ってきます。

税金に関しての詳しい詳細は国税庁のホームページなどで確認してください。

このように「利益のある・なし」で、確定申告の方法は変化しますので、詳しくは国税庁や、お近くの税務署に相談してみるのが良いでしょう。

ネット証券会社比較ページへ

NISA口座比較ページへ

楽天証券

ネット証券会社比較メニュー

NISA(ニーサ)口座比較

楽天証券
ひまわり証券

ネット証券会社比較をシェア!!

関連サービス

比較.comからのお知らせ

    比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
    掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.