投資スタイルを決めよう! | ネット証券会社比較 - 比較.com

トップフルバナー 

比較.com > ネット証券会社比較トップ > 投資スタイルを決めよう!

取引開始のステップ

『投資スタイルを決めよう!』

まずは投資スタイルを決めましょう。ネット証券が運営元によって各々スタイルがあるように、投資スタイルも人によって実に様々。
そのため、ネット証券を選ぶ際には自分の投資スタイルを大まかにでも決めておくのがベストです。

あなたの投資スタイルでは、メインは「売り」か「買い」か。
長期運用、短期運用、デイトレードなど、スタイルが決まればそのスタイルに対しての費用を優遇しているネット証券を選ぶといった、選択肢を絞ることも可能です。

さらに投資スタイルを突き詰めていくと、キリがありません。
目安としては「資金」「購入する商品」「取引の頻度」の3点を明確にするところから始めます。
このうち、「購入する商品」に関しては、株式以外にもFXや投資信託を行いたい場合「目当ての商品を取り扱っているか」という点を見ていくと絞りやすいです。

FXや投資信託の場合にも商品によって手数料が変わってくるので、別のネット証券の口座を開設するというのも、一つの手段だと覚えておいてください。

『取引に関する手数料は状況によって変化する』

投資に使う資金や、購入する株式の数量、取引の回数など、取引のスタイルによって取引手数料は変化します。
現在は実際のレートと連動しながら無料で取引が出来るシミュレーションシステムを持つ取引会社もありますので、実践練習に大変便利です。
シミュレーション等を利用し、1日の取引回数や購入金額を試算してみましょう。

また当然、資金の少ない状態で手数料の高い取引を行うと、実際に「投資」に使う金額が少なくなるため、最初の取引時には、とにかく取引手数料の少ないネット証券を選ぶのが良いでしょう。

ネット証券によっては「取引回数」や「取引金額」によって、手数料を割引してくれるネット証券も多くあります。
また、取引手数料のシステムもネット証券ごとに変わってくるので、これらもネット証券を選ぶポイントになります。

基本的には、投資スタイルにより変化するため仮定となりますが、例えば、1日に何回も取引を行うデイトレーダーの方は長期運用を行う方よりも取引手数料は多くなる可能性が高いです。
この場合、「1日」や「1ヶ月」など期間ごとに手数料が設定されるシステムのほうが全体の取引手数料が安くなることもあります。

ネット証券会社比較ページへ

NISA口座比較ページへ

まずは、自分の投資スタイルを決めるところから始めましょう。

楽天証券

ネット証券会社比較メニュー

NISA(ニーサ)口座比較

楽天証券
ひまわり証券

ネット証券会社比較をシェア!!

関連サービス

比較.comからのお知らせ

    比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
    掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.