固定費と変動費の管理 | ネット証券会社比較 - 比較.com

トップフルバナー 

比較.com > ネット証券会社比較トップ > 固定費と変動費の管理

会社選びのポイント

『固定費と変動費の管理』

ネット証券を選ぶポイントは「取引手数料」や「取扱商品」「サービス」など、様々な要素があります。
その中でも「手数料」は毎回の取引に影響するため、とりわけ重要視されています。
手数料には、口座維持に必要な管理料(固定費)や、売買時に掛かる手数料や入出金時に掛かる手数料(変動費)などがあります。

「口座維持管理手数料」は、多くのネット証券で「無料」ですが、中には「数千円/年」などの手数料を徴収しているネット証券もあるので注意が必要です。
「料金が高いからサービスが良い」と、勘違いされる場合がありますが、インターネット取引に関しては同じように考える必要はないかもしれません。

入出金手数料に関して、ネット証券の提携金融機関の場合には手数料無料などの優遇措置が取られている場合もあります。
ネット証券によって提携金融機関は異なるため、あなたが使いやすい金融機関と提携しているネット証券を選ぶのが良いでしょう。

『取引手数料システムについて』

本日初めて取引を行うトレーダーも、ベテランのトレーダーも常に頭を抱えるのは「取引手数料」です。
取引手数料が発生する条件というのは、「取引ごとに発生する手数料」と「ある一定の期間ごとに発生する手数料」の2種類が存在します。

「取引ごとに発生する手数料」とは、取引代金が50万円の場合は1,050円、200万円の場合は2,100円というように、取引代金によって手数料が変動する形式です。
証券会社によっては「1日の取引額合計が10万円未満なら手数料無料」としているネット証券等もあります。

「ある一定の期間ごとに発生する手数料」とは、予め締切日が決定しており毎月1日〜末日の間に1,000万円以上の取引があれば4,200円、2,000万円以上の取引なら6,300円など、1ヶ月単位で手数料が発生する形式となります。期間の設定も1ヶ月や3ヶ月などまちまちです。
毎日トレードを頻繁に行う「デイトレーダー」などは期間ごとのほうがお得になるケースが多いようです。

ネット証券会社比較ページへ

NISA口座比較ページへ

楽天証券

ネット証券会社比較メニュー

NISA(ニーサ)口座比較

楽天証券
ひまわり証券

ネット証券会社比較をシェア!!

関連サービス

比較.comからのお知らせ

    比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
    掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.