ネット証券のデメリット | ネット証券会社比較 - 比較.com

トップフルバナー 

比較.com > ネット証券会社比較トップ > ネット証券のデメリット

ネット証券の基礎知識

『ネット証券のデメリット』

ネット証券のメリットは、「どこでも使える利便性」と、「手数料や口座維持のコストパフォーマンス」に優れている箇所といえます。
しかし、ネット証券だからこそのデメリットも存在します。

一般的に言われているデメリットは以下の4点が挙げられます。
しっかりと理解した上で、自分に合っているかを判断した後、ネット証券を使うようにしましょう。

『あなた専任のアドバイザー』

株式取引に関わらず投資や取引などで契約している証券会社の窓口に問合せた場合「あなた専任のアドバイザー」から適切なアドバイスを受けられます。
しかしネット証券では、店舗や担当者が存在しないため、株式取引のノウハウや利益の出し方、損益を減らす方法などを独学で習得しなくてはなりません。

もちろん基本的な操作方法や取引の流れなどは、ネット証券の公式ホームページに書いてあります。
しかし、肝心なアドバイスを行ってもらえない部分に関しては、デメリットかもしれません。

『パソコンのトラブル』

ネット証券では、口座の開設から口座への入金・出金。取引に至るまで全てをオンライン上で行います。
証券会社などに出向いて書類などで残す取引ではないため、ちょっとした数字の入力間違いや、クリックのミスなどで、大きな損害を出す可能性もあります。

このように、ネット証券のトラブルで一番多いのは「入力間違い」のため、細心の注意を払って取引を進めなければなりません。

また、パソコン自体が故障するトラブルも考えられます。
その際には、早急に修理を行い、取引を決済する際にはネットカフェなどで行う事も考慮しなければなりません。
万が一に備え、前もって取引を決済しておくと、突然の暴落時にも確実に取引を行うことができます。

『サーバーダウンの危険性』

前述しましたが、ネット証券の取引はオンライン上で全て行います。
そのために、ネット証券では各社、堅牢で大規模なサーバーを用意していますが、大量にアクセスが集中する時や災害時には「サーバーが落ちる」場合があります。
そうなると、そのネット証券を使用している全てのユーザーが取引や注文を行うことが出来なくなります。

サーバーダウンなどの緊急時に備え、ネット証券各社では電話やFAXなどでの注文・決済も行える体制を整備しています。
対応範囲を事前に確認した方がいいでしょう。

『安全性』

現在ではインターネットのセキュリティ技術が進化しているため、ウイルスに侵される可能性は比較的減少してきました。
しかし一度感染すると、手が付けられなくなるのも事実です。どんな世界的大企業でも100%の安全ということはありません。

あなたのパソコンも知らず知らずのうちにウイルスに感染していたり、個人情報が流出してしまっていたり…という可能性も否定できません。
オンライン取引は便利と引き換えに、オンラインのために起こるトラブルやデメリットなども念頭に置いて取引を行っていきましょう。

ネット証券会社比較ページへ

NISA口座比較ページへ

楽天証券

ネット証券会社比較メニュー

NISA(ニーサ)口座比較

楽天証券
ひまわり証券

ネット証券会社比較をシェア!!

関連サービス

比較.comからのお知らせ

    比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
    掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

Copyright (C) 2017 Temairazu, Inc. All rights reserved.