ネット証券の始め方 | ネット証券会社比較 - 比較.com

トップフルバナー 

比較.com > ネット証券会社比較トップ > ネット証券の始め方

ネット証券の基礎知識

『ネット証券の始め方』

ネット証券は利便性が高く、パソコンや携帯電話からも取引可能なため、操作が簡単と評判です。
取引をするには、準備が必要になります。

ここでは3項目に分けて、ネット証券を開始時に必要な手続きを説明します。

『1.どのネット証券にする?』

取引をしようにも、ネット証券を選ばないことには始まりません。
「ネット証券」と一口に言いますが、ネット証券ごとに特色が変わってきます。
その中でも、選ぶポイントを抑えることで、どこのネット証券にするか選択できるのです。

数千とあるネット証券から数社までは絞れると思いますが、そこから先は手数料とサーバーの強度を基準に選択してみましょう。
ネット証券に関わらず、オンラインでの取引はサーバーの強度が、投資全般には手数料が大きく作用します。

手数料もネット証券によって数十円から数百円、またはシステムが異なっているということもあります。
1回の取引では数円の差でも、何百回と繰り返すと数万円の違いとなります。

手数料だけに目を向けていると、よくトラブルの起こるサーバーをメインで使っているネット証券にあたる可能性もあります。
オンラインでの取引、しかも株式取引のような1分1秒を争うような市場では、サーバーの強度が命取りになります。
サーバーも一度ダウンすると、最低でも数分間は元に戻りません。

決済予定だったものが、数分間経過したことにより大きな損害を被る危険性もあります。
そのため、手数料とサーバーはネット証券を選ぶ際、最重要ポイントになります。

『2.口座開設』

ネット証券を利用するには、そのネット証券の口座を所持しなければ取引することが出来ません。
そのために、ネット証券を決めたらすぐに公式ホームページから口座開設を行いましょう。

商品購入の資金や、商品を売却した際の代金などは、その口座に振込まれるシステムとなります。
購入資金の不足時やネット証券の口座にある資金の引き出し時には、他社の金融機関の口座を利用して、入出金を行います。

口座に入金された資金は、取引に使用するための資金に自動的に充填されます。
これらの資金は、株式を購入し口座の資金が空になったときや、口座の残高を全て出金したときに一定の期間が経つと自動的に解約される仕組みです。
解約したい時や、他のネット証券への乗換え時などの際は、必要となります。

また、多くのネット証券では口座開設と口座維持に関する費用が掛かりません。
そのため、現状は取引予定が無くても、口座を持っておくことも可能です。
通常口座を開設するときは手続きだけでも1〜2週間掛かるので、空いている時間に口座だけでも開設しておくと、いざ取引を始める際に、スムーズに進められます。

『3.あれば便利なネットバンク口座』

ネット証券を利用するにあたって、ネットバンク口座を持っていると非常に便利です。
通常の金融機関では、朝から夕方までしか入出金を行うことが出来ません。
しかし、ネットバンクでは銀行やコンビニATMでも入出金が行える上に、基本的に24時間年中無休です。
場合によっては入出金もオンラインで行えるため、全てがネット上で完結できるのです。

また、ネット証券では、「提携しているネットバンク」との入出金は無料にしているところも多くあります。
先ほども記述しましたが、手数料の部分で、1回1回の手数料は小さくても回数を重ねれば金額も大きくなってきます。
何年も取引を行っていると、その手数料分が大きくなるため、できる限り最初のほうでネットバンクを開設した方がいいでしょう。

ネット証券会社比較ページへ

NISA口座比較ページへ

楽天証券

ネット証券会社比較メニュー

NISA(ニーサ)口座比較

カブドットコム証券
ひまわり証券

ネット証券会社比較をシェア!!

関連サービス

比較.comからのお知らせ

    比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
    掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.