よくあるQ&A | スクール・通信講座 - 比較.com

よくあるQ&A

このページでは、お客様から寄せらた質問とその回答を載せております

Q.講座選びのポイントは?
A.講座を調べていくと、たくさんのスクール・通信講座等があり迷ってしまいます。
  まず、何のためにスクールに通うのかという目的を明確にしてください。
  スクールに通う目的により、講座は絞られてくると思います。
Q.働いていて時間がないのですが・・。
A.最近では、社会人向けに「会社帰りでも行けるスクール」や「土日限定のスクール」、通信講座などさまざまな形態のサービスが提供されています。
Q.就職・転職に役立ちますか?
A.資格を取得した場合には、就職や転職に大きなアピールになります。
  また、講座受講後に、就職や転職のサポートがあるスクールもあります。
  未経験の方でも、取得した資格を武器に、転職できるチャンスはあります。
Q.スクールに通えば資格は取れますか?
A.資格取得用の基礎講座や試験対策用の講座を利用して勉強することにより、試験の重要な箇所やポイントを押さえることが出来き、合格に近づけると思います。
  また、合格保証の制度があるスクールもあります。
Q.教育訓練給付金制度とは何ですか?
A.雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的にした雇用保険の給付制度です。
  この給付制度を利用すると指定講座に支払った経費の最大20万円までが戻ってきます。
  給付対象者や手続きなど、詳しくは「教育給付金について」をご覧下さい。
Q.専門学校と各種学校、スクールの違いは?
A.専門学校とは、学校教育法に基づき都道府県から認可された「専修学校」のうち専門課程のある学校を指します。この専門課程は高校卒業以上の人が入学でき、課程を修了すると「専門士」の学位が与えられます。
  (1)修業年数が1年以上
  (2)年間授業数が800時間以上
  (3)40人以上の在学生がいること
  が設置基準となっています。

  各種学校も、学校教育法に基づき都道府県から認可された学校です。入学資格はありません。
  (1)修業年数が1年以上(簡易なものは3ヶ月)
  (2)年間授業時間680時間以上
  が設置基準です。

  一方、スクールは都道府県の認可を受けてないことが多いですが、期間や授業時間にとらわれず、独自のカリキュラムを組んでいます。正式な学歴とはなりませんがプロフェッショナル育成や業界との結びつきも強いことが特徴です。
Q.スクールに通ったことがないのですが・・・。
A.体験授業や説明会など、スクールの雰囲気や講座の内容を確認できます。
  無料の場合が多いですので、まずは、資料請求や問い合わせしてみることをお勧めします。
スクール・通信講座トップ右メニューバナー

ピックアップ
参加スクール一覧
スクール・通信講座比較お役立ち情報
スクール・通信講座比較お役立ち関連サービス
比較.comからのお知らせ
    比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
    掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。


Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.