【比較.com引越し一括見積もり】一人暮らしの引越し、注意点と安くするコツ! - 比較.com

比較.com > 引越し一括見積り比較 > 単身者(一人暮らし)の引越しとは

単身者(一人暮らし)の引越しとは

・荷物が少ない単身者(一人暮らし)の引越し

一人暮らしの引越しをされる方には、様々なケースがあります。
大学、専門学校への入学を機に一人暮らしや下宿される方、また卒業時に帰省、Uターンをされる方。単身者でお部屋の住み替えをされる方や、新就職を機会に一人暮らしを始める方。あるいは単身赴任や、転職をきっかけに移動をされる方など、そのケースはさまざまです。

しかし、共通することは、単身者ですから家族で暮らす方に比べて、荷物が少ないということです。
大学、専門学校への入学を機に一人暮らしを始める場合には、荷物の少なさから宅急便で済ませるという方もいらっしゃいます。
このような場合、家電製品や家具など大型の荷物は、これから住む街の周辺で購入されるようです。
荷物が少なければ、引越し代金も安く済ませることができるはず…。できるだけ、気軽に安く済ませたいものですね。

一人暮らしの引越しとは

一人暮らしの引越し、注意点と安くするコツ!

一人暮らしの引越し、単身赴任の引越しの多くは、引越し後のスケジュールが決まっていることが多く、進学、就職、転勤など「いついつまでに引越ししておかないといけない!」と、急いで引越し会社に引越しを依頼することが多いようです。

一方で、残念ながら、一人暮らしの引越しは、引越し業者の繁忙期・引越しシーズンが多いもの。繁忙期の引越しには、費用が高くなるため予算を多めに用意することに加え、時間の余裕をもった手配を心がけましょう。
場合によっては、引越しの手配、スケジュール、予約もできないこともありますので、早めに引越し業者に予約することをオススメします。
最近では、荷物が少ない単身者の引越し向けに、格安なサービスを提供する引越会社も多数あります。
大手ですと、この単身パックサービスを用意しているのは、日通(日本通運)、クロネコヤマト(ヤマト運輸)、佐川などが挙げられます。

注意点と安くするコツ

また、インターネット割引や早期申込割引など、各社それぞれに割引特典を用意しています。単身者の引越し料金を少しでも安くするためには、引越し会社を決める前に必ず複数の会社を比較検討してみましょう。

引越し一括見積もり

引越しタイプ

現在のお住まい

引越し先

So-net

引越し一括見積り比較お役立ち情報
格安引越しのコツ、徹底紹介!
あなたの引越しタイプは?
不用品の上手な処分術
アリさんマークの引越社
お問い合わせ(引越し業者様)
引越しおすすめ情報
新生活お役立ち情報
電力会社情報
ガス供給会社情報
水道局情報
行政情報

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.