【引越し裏ワザ】便利な不用品回収業者、活用術 - 比較.com

比較.com > 引越し一括見積り比較 > 便利な不用品回収業者、活用術

便利な不用品回収業者、活用術

自治体による粗大ゴミの回収は安価で安心ですが、回収までの日にちがかかる、自宅までは取りに来てくれないなど、利用しにくい面もあります。
費用はかかっても便利さを選びたいのなら不用品回収業者を利用しましょう。
自治体では回収してくれない粗大ゴミも業者によってはまとめて受け付けてくれます。
ここでは回収業者利用の際の注意点、依頼の種類や流れをみていきましょう。

不用品回収業者とは

一般家庭から排出される家電製品などの使用済み物品を収集、運搬する業者のことを、環境省では「不用品回収業者」と呼んでいます。
なかには市区町村からの一般廃棄物収集運搬業の許可などを受けていない業者もいて、違法行為や利用者との料金トラブルを引き起こす場合もあります。
利用の際には、回収業者の許可の取得状況を確認し、見積もりの後に料金の変更がないのかを確認してみましょう。

依頼後の流れ

不用品回収業者に不用品の処理を依頼するのなら、方法は2つあります。
家の中にあるすべての処理品をまとめて頼む方法と、物品を限定して頼む方法です。
自治体のゴミ収集に出せるような小物から大型家電・家具まで、分別せずにまとめて処理したい場合には前者がよいでしょう。 料金の単位は部屋サイズや使用するトラックの大きさが目安となり、1DKで8万円前後、また、2トントラック使用で6万円前後などとなりますが、見積もりに来たスタッフが下見をし、作業員の数や所要時間の目安をつけて料金を決めていきます。

物品を限定して頼む場合には、3〜5千円の運送基本料に各物品処分費が足されます。
家の階数、エレベーターの有無により階段料金がかかる場合もあります。
また、時間指定をしない場合には運送基本料が格安になる場合もあります。
不用品回収業者の長所は何といっても、フットワークの軽さ。
いずれの方法でも、即日訪問見積もりであったり、その日のうちに回収に来てくれたりもします。

業者とのトラブル例

無料回収をうたった回収会社に引き取りを頼んだところ、トラックに積み込んだ後に法外な料金を請求された。
回収後に見積もり料金の倍額を請求された。
あるいは、回収したものが不法投棄されていた、などと回収業者とのトラブルは後をたちません。
環境省・地方自治体でも注意を呼びかけています。
引越しは、何かと物入りなだけに、不用品を無料で回収してくれるという情報には、ついつい飛びつきたくなりますね。
しかし、こういったトラブルに巻き込まれないためにも、こういった事例が多発しているということを、頭の片隅に置いておきましょう。

引越し一括見積もり

引越しタイプ

現在のお住まい

引越し先

So-net

引越し一括見積り比較お役立ち情報
格安引越しのコツ、徹底紹介!
あなたの引越しタイプは?
不用品の上手な処分術
アリさんマークの引越社
お問い合わせ(引越し業者様)
引越しおすすめ情報
新生活お役立ち情報
電力会社情報
ガス供給会社情報
水道局情報
行政情報

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.