対物超過特約に入っておく必要は?? - 比較.com

 

比較.com > 自動車保険 > 対物超過とは?

対物超過とは?

対物保険をカバーする対物超過特約

自動車事故が起き、車両や損害物の賠償責任を負った場合は、その費用は対物補償の対象となります。
しかし修理代を対物補償の保険金でまかないきれないケースが生じる場合があります。
対物補償の無制限に入っていても、保険会社はあくまで法律上の損害賠償責任の範囲内での補償しかしてくれません。
このようなとき、対物補償でまかないきれない範囲の修理費用などをカバーしてくれるのが対物超過特約です。
自動車事故で車や損害物の修理などの賠償責任が生じた時、車両価格を上回る修理費用が生じた場合などに、効果を発揮する特約です。

対物超過特約はどんなときに補償されるか

たとえば時価40万円の自動車に乗っていて事故に遭った場合を考えてみましょう。
車両が旧式だったため修理用部品などの調達が難しく、最終的に修理代が自動車の時価を上回る50万円になってしまいました。
このようなケースでは、たとえ全損扱いになったとしても、保険会社の対物補償では車の時価40万円しか支払われません。
なぜなら対物補償では損害額の補てんと原状回復だけが目的になるためです。
対物超過特約をつけていれば、このような場合でも、超過分の修理費10万円を特約の給付金として受け取れることになります。
対物超過特約で支払われるのは超過分だけで、事故の過失割合により補償金額が相殺されます。
保険会社の商品によってことなりますが、対物超過特約の保険金は一般的に50万円くらいの限度額が決められています。

対物超過特約

対物超過特約には入っておく必要があるか

自動車事故で思いもよらない高額な修理費がかかってしまった場合でも、対物超過特約をつけておけば、自腹で負担する心配がなくなります。
しかし対物超過特約では、限度額が50万円ほどにさだめられているため、高額な修理費用までには対応できないのがネックです。
対物超過特約は、時価があまり高くない車を、破損しても修理しながら乗り続けたい場合には、入っておいてもよい特約といえるでしょう。
また相手の車がクラシックカーなど旧式の自動車であった場合などを想定すると、いざというときのため対物超過特約を付帯しておいた方が安心かもしれません。
対物超過特約は保険会社によっては取り扱っていないところもあります。
対物補償だけでは心配なので対物超過特約を付けたい場合は、保険会社選びの時点からよく会社を吟味しておく必要があるでしょう。

自動車保険をもっと知る
適切な自動車保険の金額とは?
保障額はどれくらい?
特約でしっかり守る
保険業界用語
おすすめサービス
このサービスを利用した人は、他にもこんなサービスを参照しています。
  • 引越し見積り
比較.comの引越サービスなら引越料金も内容も楽々比較!

  • 生命保険
保障内容・保険種類から"無料"で一括資料請求できます!
比較.comからのお知らせ
比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

24

GC`[

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.