弁護士費用特約の効果的使用法と利用時の注意点 - 比較.com

 

比較.com > 自動車保険 > 弁護士費用特約とは?

弁護士費用特約とは?

弁護士費用特約はどのような場合に使うのか

弁護士費用特約とは、名前からもわかるとおり交通事故の際に生じる弁護士費用に対する補償のことです。
これはどのような場合に適応される特約なのでしょうか。
交通事故で自分が過失ゼロの場合、自分の契約している保険会社は示談交渉をしてくれません。
保険会社は、被保険者が賠償を払わなければいけない事故の場合、相手との示談代行ができます。
しかし被保険者の過失がゼロの場合は、保険会社に保険金支払いの義務が生じないため、法律では保険会社が示談の代行をできないようになっているのです。
このように弁護士費用特約は、保険会社が示談代行できないケースで弁護士を依頼する場合、弁護士の費用を補償してくれます。

弁護士費用特約

弁護士に示談委託するとき

交通事故に遭った場合、相手に100%過失があれば、相手が損害賠償を支払うことになります。
しかし相手と直接交渉しても、自動車保険に加入していないなどで話がまとまらず、訴訟に発展する可能性もゼロとは言えません。
このような場合には、自分で弁護士に相手との交渉を委託することになります。
弁護士費用は高額で個人負担するのはたいへんですが、弁護士費用特約をつけていれば、弁護士費用を保険会社が補償してくれます。
弁護士費用特約の保険料は保険会社や商品によって異なりますが、保険期間1年で一時払いの場合は数千円程度の負担で、保険に付帯することができます。

示談委託

弁護士費用特約の内容は商品によってさまざま

弁護士費用特約をつけておけば、まんがいち弁護士に交渉を依頼した場合でも、高額な弁護士報酬や訴訟費用、調停費用や法律相談料が補償されます。
補償額は1回の事故につき被保険者1名あたり上限300万円としている商品が一般出来です。
また商品によっては、被保険車両に乗っている場合だけでなく、被保険者の家族が他の自動車に搭乗中や、歩行中に自動車事故で被害に遭った場合にも、この弁護士費用特約が使えるようになっています。
しかしいっぽうで、相手が入院するような怪我の事故でないと弁護士費用が降りない場合や、逆に日常的なトラブルまで補償の対象になるなど、保険会社によってさまざまです。
弁護士費用特約は保険料の負担も少ないので、いざというときのために付帯しておきたい特約です。
補償内容は保険会社、商品によっていろいろなタイプがあるので、契約の際には保険会社によく相談しておきましょう。

自動車保険をもっと知る
適切な自動車保険の金額とは?
保障額はどれくらい?
特約でしっかり守る
保険業界用語
おすすめサービス
このサービスを利用した人は、他にもこんなサービスを参照しています。
  • 引越し見積り
比較.comの引越サービスなら引越料金も内容も楽々比較!

  • 生命保険
保障内容・保険種類から"無料"で一括資料請求できます!
比較.comからのお知らせ
比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

24

GC`[

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.