【自動車保険関連情報】自損事故保険はどのような時に使うのか - 比較.com

 

比較.com > 自動車保険 > 自損事故保険とは?

自損事故保険とは?

自損事故保険はどのような時に使うのか

自動車事故はいつも相手があるとは限りません。
運転者のミスで起こしてしまう単独事故が多いのも事実です。
運転者がハンドル操作をあやまってガードレールに激突したり、わき見運転で建物にぶつかってしまった、などといった単独事故もよく起こっています。
このような事故の場合に効果を発揮するのが自損事故保険です。
他人として乗っている同乗者には、車につけている自賠責保険が支払われますが、運転者のけがや死亡には適応されません。
また車との事故でも過失割合によって保険金が支払われない場合があります。
たとえば、信号待ちで停車している車に追突した場合、すべての過失は運転者にあるので、たとえ運転者が怪我をしたり死亡したとしても、相手の車の自賠責保険や任意の対人保険は支払われません。
このような事故の場合には、自損事故保険が補償してくれます。
被保険者の運転者が自分のミスで起こした事故の怪我や死亡、後遺障害をこうむった場合に保険金が支払われます。
対象となるのは被保険者の運転者自身のほか、同乗していた家族や他人もふくまれます。

自損事故保険

自損事故保険の加入状況を確認しておく

自損事故保険は対人賠償と違い、保証金額の上限が決まっています。
自損事故保険の上限は、死亡の場合1名に着き1500万円、後遺傷害保険金は1名につき50万〜2000万円となっています。
入院や通院をした場合は、日数で計算され、入院1日につき6000円、通院1日につき4000円、限度額は入通院合わせて100万円を限度として保険金が支払われます。
自損事故保険は運転者自身を守る最低限の補償で、任意保険に自動付帯されるという性質を持っているため、金額は変更することができません。
また人身傷害補償に加入している場合は、こちらで単独事故もカバーできるため、自損事故保険に加入しなくてもよいとする保険会社もあるようです。
自損事故保険は一般的に自動付帯されることになっているので、自分の加入状況を保険会社に確認するとよいでしょう。
もし自損事故保険に加入していない場合は、人身傷害補償で十分な保険金が設定されているかどうかをよく問い合わせてみてください。
また自損事故保険を使うと、よく年は等級が3つダウンして保険料が大幅にアップしてしまいます。
まんがいち事故を起こしてしまい自損事故保険を使おうと思ったときは、この点もよく考えて保険金の請求をした方が良いでしょう。

自動車保険をもっと知る
適切な自動車保険の金額とは?
保障額はどれくらい?
特約でしっかり守る
保険業界用語
おすすめサービス
このサービスを利用した人は、他にもこんなサービスを参照しています。
  • 引越し見積り
比較.comの引越サービスなら引越料金も内容も楽々比較!

  • 生命保険
保障内容・保険種類から"無料"で一括資料請求できます!
比較.comからのお知らせ
比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

24

GC`[

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.