車両保険は、自分の車が損害を受けた時のために加入する保険 - 比較.com

 

比較.com > 自動車保険 > 車両保険とは?

車両保険とは?

車両保険は自分の車にかける保険

自分の車が損害を受けた時のために入っておくのが車両保険です。
交通事故や自然災害など、また駐車中にいたずらされた場合や、石が飛んできてガラスにひびが入った場合などの偶然の事故、車が盗難された場合にも適用されます。
車両保険に入る時は、車両保険金額、免責金額、補償内容を決める必要があります。

車両保険

車両保険金額とは

車両保険金額を決める時は、契約を結ぶ時に1年間車両の価値を低減させずに、その時の価値を継続させるようにしなければなりません。
カーナビや車の付属品なども車両の本体価格に上乗せして見積もりを取るようにしましょう。
車両保険金額に車の付属品額を入れておかないと、保険金が車の本体価格しか支払われません。
また新車を買った時も要注意です。
車両保険は減価償却の割合も計算されるので、万が一事故に遭った場合、補償額が契約時よりも少なく支払われることがあります。
これは新車時に価値が200万円でも10年経過すれば市場価格が50万円に落ちているためです。
もしも事故が起きたときのため、保険内容をよく確認しておくことが大事です。

免責金額は自己負担金額

車両保険の免責金額とは、車両保険金額のうち契約者が自分で負担する金額のことです。
たとえば1契約期間中に車両保険を利用した際には、1回目が自己負担なし、2回目は5万円、など、自分で設定することができます。
保険料をおさえるためにはこの免責金額の設定をよく考えることが重要です。
保険会社では1回目5万円、2回目以降10万円で設定し、免ゼロ特約を付けるタイプが多いようです。
免ゼロ特約とは、免責金額を1回目に限りゼロにできる特約で、1回目の事故で相手の車が確認できた場合に、1回目の免責金額も自己負担でなく保険会社から支払われることになります。

免責金額

車両保険の特約

いざというときに頼りになる車両保険ですが、保険会社によって特約がさまざまあり、補償がだいぶちがってきます。
車両保険の契約時には特約をよく把握しておくとよいでしょう。
車両保険を修理などで使用した場合、翌年度は車の等級が3つ下がってしまいます。
しかし盗難や窓ガラスの破損、いたずらや自然災害などの場合はエコノミー特約に関わる補償とされるため、等級は据え置きとなり、契約の更新時も前年と同じ等級で契約できることになります。
保険会社によっては、無過失事故に関する特約をもうけているところもあります。
これは信号待ちの時に無保険の相手車両に追突され、自分の保険で修理した場合などに適用され、この特約があれば被保険者の車両は無事故とされ、契約更新時も等級があがることになります。
保険会社によって車両保険の補償内容はさまざまなので、契約時にはよく検討することが大事です。

自動車保険をもっと知る
適切な自動車保険の金額とは?
保障額はどれくらい?
特約でしっかり守る
保険業界用語
おすすめサービス
このサービスを利用した人は、他にもこんなサービスを参照しています。
  • 引越し見積り
比較.comの引越サービスなら引越料金も内容も楽々比較!

  • 生命保険
保障内容・保険種類から"無料"で一括資料請求できます!
比較.comからのお知らせ
比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

24

GC`[

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.