【対物賠償保険の全て】イチから分かる自動車保険 - 比較.com

 

比較.com > 自動車保険 > 対物賠償保険とは?

対物賠償保険とは?

対物賠償保険は他人の財産が対象

対物賠償保険とは、自動車で他人の車や家、モノなどに損害を与えてしまい、法律上で損害の責任を負った場合に支払われる保険です。
対象はあくまで他人の財産への損害のみで、車庫入れ時に自分の駐車場のシャッターを破損してしまった場合などは、対物賠償の対象外となります。
夫が妻の運転する車に追突した場合も、対物補償の対象にはなりません。
こういった場合で自分の車両や駐車場、モノなどが心配な場合は、車両保険に加入するなどしておく必要があります。

財産対象

モノだけに限らない対物賠償

自動車で対物事故を起こした場合、損害賠償の責任を負うのは車やモノだけとは限りません。
対物賠償には「直接損害」と「間接損害」があります。
「間接損害」とは、事故によって発生した間接的な費用損害のことで、たとえば相手がタクシーなどの業務車だったばあい、無事に走っていたら上げられたであろう利益まで賠償の対象になります。
自動車事故の相手が観光バスやタクシー、電車、トラックなどの商業用車両だった場合、また破損した対象がコンビニやレストラン、パチンコ店などの商業施設だった場合は、「間接損害」も加算され損害額が高額になってしまいます。
店舗の場合は修理期間中の営業補償や破損した商品、従業員の給与なども対象になり、たいへんな額の賠償金を請求されることになります。
このような場合に備えて、対物賠償保険に入っておくことが必要と言えます。

対物賠償

対物補償保険は無制限がよいか

いざという時のために対物補償保険は無制限にしておきたいものです。
しかし自動車保険料が高くなってしまうのも痛いところです。
そして無制限の対物補償保険に入っていても、賠償額をすべてカバーできない場合もあります。
損害賠償義務は法律でそのものの時価額までと決められているため、場合によっては対物保険で相手の修理代が全額もらえないこともあります。
たとえば時価額が30万円の車を破損した場合、修理代が40万円でも、対物賠償では30万円しか支払われないことになります。
このようなケースでは、残りの10万円は保険会社の特約でカバーすることもあります。
保険会社によっては対物賠償の保険料が5000万と無制限であまり変わらない場合もあるので、契約者の等級や車種などの条件を考えながら保険会社の見積もりを取ってよく確認するとよいでしょう。
また保険会社や商品などによってもさまざまなので、特約についてもよく問い合わせてみることをおすすめします。

対物補償保険
自動車保険をもっと知る
適切な自動車保険の金額とは?
保障額はどれくらい?
特約でしっかり守る
保険業界用語
おすすめサービス
このサービスを利用した人は、他にもこんなサービスを参照しています。
  • 引越し見積り
比較.comの引越サービスなら引越料金も内容も楽々比較!

  • 生命保険
保障内容・保険種類から"無料"で一括資料請求できます!
比較.comからのお知らせ
比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

24

GC`[

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.