対人賠償保険は自賠責保険の違いは何? - 比較.com

 

比較.com > 自動車保険 > 対人賠償保険とは?

対人賠償保険とは?

対人賠償保険は自賠責保険とどう違う?

自動車事故で人に怪我を負わせたり死亡させてしまった場合には、加害者に損害賠償の責任が生じます。
法律で加入義務のある自賠責保険には支払い限度額があり、保証額は怪我の場合120万円、後遺障害では最高4000万円、死亡では最高3000万円と保険金額が決まっています。
しかし実際の事故では、賠償金がこの限度額を上回ることが多く、死亡事故や重傷事故を起こした場合は、賠償額が億単位になるケースもあります。
このように自賠責保証額を超えた金額の賠償金を請求された事態に備えるため、必要不可欠な保険が対人賠償保険です。
対人賠償保険では、自賠責保険から支払われる保険金額をオーバーする部分について保険が支払われます。
対人賠償保険の限度額は無制限となっており、万が一に備えて任意で入っておくことが必要不可欠と言えます。

対人賠償保険と自賠責保険

対人賠償保険の支払い対象は「他人」

対人賠償は事故の被害者に対して支払われますが、賠償を保証されるのは「他人」に限られています。
「他人」とは被保険者(保険の契約者)以外のことです。
被保険者が別居している親戚や子供、友人などが事故で怪我をした場合でも補償を受けることができます。
しかし、被保険者の配偶者や子供は保険の対象外になることがあります。
たとえば自分が運転し、自分の子供、親戚(別居していて生計も別)、親戚の子供でドライブ中に事故に遭った場合、親戚と親戚の子供は対人賠償が支払われますが、自分と自分の子供には対人賠償の対象になりません。
いっぽうで、自分の子供でもすでに別居しで独立している場合は補償の対象になります。
つまり、一つ屋根の下で生活しているか、別居していて生計が別か、ということが対人賠償で「他人」と判断する基準になります。
別居していても仕送りしている場合は対人賠償の対象にならない場合があります。

自賠責保険

過失の割合

対人賠償の補償額は、過失の割合によって違ってきます。
自動車が人身事故を起こした場合、一般的には車の過失割合が大きくなります。
しかし歩行者が信号を無視したり、横断禁止の場所を歩いていた、などといったケースでは、歩行者にも相応の過失が認められて賠償金額が減額されることになります。
自動車が人をはねて賠償金額を請求された場合でも、被害者が横断禁止の道路に泥酔してしゃがんでいたのが原因とされ、被害者に4割の過失が認められた事故事例では、遺族は賠償金から4割を引いた金額しか受け取ることができませんでした。
運転者だけでなく歩行者も交通ルールに注意していないと、過失割合によって賠償額に差が生じます。

自動車保険をもっと知る
適切な自動車保険の金額とは?
保障額はどれくらい?
特約でしっかり守る
保険業界用語
おすすめサービス
このサービスを利用した人は、他にもこんなサービスを参照しています。
  • 引越し見積り
比較.comの引越サービスなら引越料金も内容も楽々比較!

  • 生命保険
保障内容・保険種類から"無料"で一括資料請求できます!
比較.comからのお知らせ
比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

24

GC`[

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.