自動車保険自由化によって生じる影響とは? - 比較.com

 

比較.com > 自動車保険 > 自動車保険自由化

自動車保険自由化

保険の自由化は1998年から

現在ではさまざまな保険会社が次々と新しい保険商品を発売していて、保険料はもとより内容もさまざまに多様化しています。
自動車保険会社も、国内の保険会社だけでなく外資系も参入し、ダイレクトなど一気に知名度が上がっている会社もあります。
自動車保険が現在のようなサービス合戦になった原因は、1998年の保険自由化です。

自動車保険自由化の前は、保険会社の任意自動車保険は、条件が同じならば保険料もすべてどの会社でも横並びでした。
保険料は自動車保険料率算定会が算出したものを保険会社で使用することが、義務付けられていたためです。
それが1996年12月に日米保険協議が決着したあと、1998年に自動車保険が完全に自由化されてから、契約の条件が同じでも、保険会社によって保険料に格差がでるようになったのです。
1999年7月1日から従来の算定基準だった、自動車保険料率算定会の使用義務が廃止になりました。現在では算定協会は、参考純率を提供するだけとなり、保険会社はそれを参考にするか、独自のデータによって保険料を決定してもよいことになっています

また保険の販売形式も多様に変化しました。電話だけでなくインターネットも含めた通信販売が可能になったことや、リスク細分型保険などの導入によって、保険料にはさらに格差が出るようになりました。
保険料の格差には、保険会社がさまざまなサービス競争を繰り広げていることも一つの原因です。

自動車保険自由化

自動車保険自由化による影響

自動車保険自由化によって、私達にはさまざまなメリットが生じました。
保険料に格差が生まれたことで、会社ごとに保険料やサービスが違ってきましたが、内容を見て選択することで保険料を節約できるようになりました。
また、リスク細分型保険などでは、免許証の色などで優良ドライバーが評価され保険料が安くなりました。
契約方法も手軽になり、従来は保険代理店を通さなければならなかったのが、今ではインターネットで簡単に見積もりや契約ができます。
自由化によって各社がサービス競争をするようになったため、さまざまな内容や付加価値を被保険者が選択できるようになりました。
現在ではインターネット専用の損害保険者なども参入しており、契約者の選択の範囲は多大に広がりました。
このようにメリットが多かった自動車保険自由化ですが、いっぽうでデメリットもあります。
自由化により保険会社の商品が複雑になりわかりにくく、また保険会社でも保険金支払いの体制構築が付いていけずに、保険金不払い問題が発生することもあるようです。
どのような保険会社とどの自動車保険を契約するかといった悩みを解決するために、自動車保険を一括見積もりしてくれるサービスもでてきました。
保険の契約時には、資料をあつめて内容をよく熟考する必要があります。

自動車保険自由化
自動車保険をもっと知る
適切な自動車保険の金額とは?
保障額はどれくらい?
特約でしっかり守る
保険業界用語
おすすめサービス
このサービスを利用した人は、他にもこんなサービスを参照しています。
  • 引越し見積り
比較.comの引越サービスなら引越料金も内容も楽々比較!

  • 生命保険
保障内容・保険種類から"無料"で一括資料請求できます!
比較.comからのお知らせ
比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

24

GC`[

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.