情報ツールの徹底比較を通じて情報収集・口座開設が可能 - 比較.com

 

比較.com > 自動車保険 > リスク細分型保険とは?

リスク細分型保険とは?

事故リスクを細分化して保険料を設定

自動車保険が自由化されてから、さまざまな新しい保険商品が発売されましたが、なかでもよく聞くのが「リスク細分型自動車保険」です。
リスク細分型保険とは、保険料が安いということではありません。運転者を交通事故リスクによって細分化して保険料を設定しているということです。
リスク細分化型保険は外資系の損保会社が売りだしていましたが、最近では国内の保険会社でもこの商品を扱うようになりました。
保険は、事故に遭うと予想される確率や損害の大小というリスクによって保険料がきまります。
保険自由化の前も、車種や運転者の年齢、事故歴によって保険料が異なっていましたが、リスク細分型保険では、このような事故リスクをもっと細かく分けて保険料を算出しています。

リスク区分

リスクの区分

リスクは、運転者のプロフィールや過去の事故歴、所有している車の種類で区分されます。
保険業法施行規制によると、リスク要因は9つとなり、年齢、性別、運転歴、営業用自家用などの自動車使用目的、年間走行距離と車の使用状況、地域、自動車の種別、自動車の安全装置の有無、自動車の所有台数となっています。
保険会社はこれら9つのリスク要因から保険料に差をつけてもよいと決められています。
たとえば、車の使用目的がレジャーなどプライベート目的の場合、ゴールド免許証、予想年間走行距離が短い場合、事故や盗難の少ない地域に住んでいる場合、ファミリーカーなど事故の少ない車種の場合は、保険料が安くなります。
反対に、仕事や通勤で車を使う場合や、スポーツカーなど事故の多い車種、年間予想走行距離が長い場合などは、保険料が高くなります。

リスク要因

リスク細分型保険のメリット

事故を起こす確率が非常に低いドライバーでも、従来の保険では他のドライバーと同じ区分になり同じ保険料を払わなければなりませんでした。
しかしリスク細分型保険にすれば、運転者の細かい事故リスク分類によって、保険料を安くおさえることができます。
実際に3割や4割の保険料節約ができることも多いようです。安全運転を心がけているドライバーにはうれしい保険と言えます。
しかし自分が、事故が多いとされる区分に入っている場合には、逆に保険料が高くなってしまいます。リスク細分型保険にすると保険料が安い、と言うわけではないのです。
自分にはどんな保険が適しているか、いろいろな保険の内容を確認して比較してみる必要があります。

自動車保険をもっと知る
適切な自動車保険の金額とは?
保障額はどれくらい?
特約でしっかり守る
保険業界用語
おすすめサービス
このサービスを利用した人は、他にもこんなサービスを参照しています。
  • 引越し見積り
比較.comの引越サービスなら引越料金も内容も楽々比較!

  • 生命保険
保障内容・保険種類から"無料"で一括資料請求できます!
比較.comからのお知らせ
比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

24

GC`[

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.