自動車保険を上手に選ぶ方法とは。 - 比較.com

 

比較.com > 自動車保険 > 自動車保険の上手なかけ方は?

自動車保険の上手なかけ方は?

自動車保険の種類について

自動車保険には強制加入の自賠責保険のほかに、さまざまな任意保険があります。
自動車保険が自由化されてからは、保険会社がそれぞれ独自の商品や特約を売り出し、手広く宣伝活動をしています。
それぞれの保険内容は細かく多様でわかりにくく、そのためいざ自動車保険を選ぼうとしても、いったいどの保険に入ったらよいのか迷ってしまうことも多いことでしょう。
万が一のため全てをカバーできるような自動車保険に入っておきたいですが、いっぽうで高額な保険料は少しでもおさえたておきたいものです。
自動車事故で予想されるのは、怪我や死亡、物の破損賠償です。
自動車保険は、自動車事故で損害賠償請求された場合にそなえて、被保険者の金銭的リスクを回避できるようにするものです。
交通事故を起こして死亡事故を起こしてしまった場合、自賠保険では3000万円までしか保険金が出ません。
3000万円を超える請求をされた場合、任意保険に入っていないと超過分を自腹で払うことになってしまいます。
また高級車にぶつかって損害賠償を求められた場合、任意保険に弾加入の場合は金額が数100万でも自己負担になります。
このようなケースにそなえて、任意の対人賠償保険と対物賠償保険には必ず加入し、内容も充実させておくことが必要です。

任意保険

必要な補償にあった任意保険を組み合わせる

自動車事故で相手に損害賠償をする場合は、対人賠償と対物賠償ということになります。
自分の車に友人などの他人を乗せていた場合は、友人にも対人賠償が適応され保険金が支払われます。
保険会社によっては搭乗者傷害が販売停止になっているところもありますが、これは同乗者への見舞金という性質になります。
自動車事故で自分の車が破損した場合は、任意の車両保険に入っておけば車の修理代がカバーされます。
自動車保険に加入するときは、まず対人賠償と対物賠償を充実させて、加えて必要となる人身傷害や搭乗者傷害保険、車両保険などを、見積もりをとって組み合わせるのが良いでしょう。
任意の保険をいくつも組み合わせて行けば、当然保険料も高くなっていきます。
付帯している任意保険をそのまますべて契約しても、よく考えれば自分には必要のない保険がふうまれていることもあります。
自動車保険に加入する際はよく任意保険の内容をよくチェックし、自分に不必要なものは削っていくようにすると、保険料もおさえられます。

自動車保険をもっと知る
適切な自動車保険の金額とは?
保障額はどれくらい?
特約でしっかり守る
保険業界用語
おすすめサービス
このサービスを利用した人は、他にもこんなサービスを参照しています。
  • 引越し見積り
比較.comの引越サービスなら引越料金も内容も楽々比較!

  • 生命保険
保障内容・保険種類から"無料"で一括資料請求できます!
比較.comからのお知らせ
比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

24

GC`[

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.