【自動車保険一括見積もり】 任意保険が必要なわけ - 比較.com

 

比較.com > 自動車保険 > 任意保険とは?

任意保険とは?

任意保険が必要なわけ

車の所有者に加入義務があるのが自賠責保険。いっぽうで加入を自分の意思で決められるのが任意保険です。
日本では自動車保有者の80%が任意保険または任意共済に加入していて、自賠責保険と任意保険の両方に加入しています。
自賠責保険は被害者の救済が目的なので、相手が死亡または怪我をした場合しか保証金が支払われません。
限度額も決まっていて、怪我の場合は120万円、後遺障害は4000万円、死亡の場合は3000万円となっています。
しかし実際の事故では、入通院費や相手の物の賠償など、想像以上のお金が必要となり、自賠責保険だけではとてもまかなえるものではありません。
自賠責保険でカバーできない賠償に対応するのが任意保険です。万が一のために任意保険には必ず入っておきたいものです。

任意保険の種類

保険会社ではさまざまな任意保険を用意しています。
主に対人賠償保険、対物賠償保険、自損事故保険、無保険車傷害保険。
搭乗者傷害保険、車両保険、人身傷害保険の7つですが、条件や保険料と照らし合わせて加入者が選択することになります。
対人賠償は被害者の怪我や死亡に対する保険で、保険金は無制限となっています。
対物賠償保険は被害者の財産に対する保険で、建物や車、ガードレールなどの破損を補償します。
自損事故保険は、相手を巻き込まずに自分だけで起こした単独事故の場合に、怪我などを補償します。
無保険車傷害は、相手の車が保険に弾加入だった場合や、当て逃げなどで相手がわからない場合に適用されます。
搭乗者傷害保険は、運転者と同乗者すべての怪我や死亡に対して保険金が支払われます。
車両保険は、自分の車のための保険で、保有する車の破損を対象としています。
人身傷害保険は、自分を含めた家族や搭乗者の怪我を補償します。

任意保険

任意保険の選び方

任意保険では対人賠償が無制限になる以外は、付帯の有無と保険金額の設定をすべての項目で契約者が選択できます。
新車を買ったので高い車両保険に入る、保険料が高くなるから人身傷害補償は非加入にしておく、など、自分の条件によって組み合わせが可能です。
任意保険が強制加入の自賠責保険と異なる点は、等級制度です。
加入時は6等級からはじまり、1年間無事故だと1等級ずつアップしていき、最高で20等級になります。
事故を起こして任意保険を使った場合、等級がさがって翌年の保険料が上がります。安全運転しているほど保険料が有利になる仕組みなのです。
保険会社にはさまざなま任意保険があるので、始めから付帯している内容で契約するよりも、いろいろな保険を組み合わせた方が保険料もおさえられ有利になる場合もあります。
自分に必要な内容の保険かどうか良くチェックして加入を検討しましょう。

自動車保険をもっと知る
適切な自動車保険の金額とは?
保障額はどれくらい?
特約でしっかり守る
保険業界用語
おすすめサービス
このサービスを利用した人は、他にもこんなサービスを参照しています。
  • 引越し見積り
比較.comの引越サービスなら引越料金も内容も楽々比較!

  • 生命保険
保障内容・保険種類から"無料"で一括資料請求できます!
比較.comからのお知らせ
比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

24

GC`[

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.