自賠責保険と自動車保険はなにが違うの? - 比較.com

 

比較.com > 自動車保険 > 自賠責保険とは?

自賠責保険とは?

自賠責保険は加入が義務付けられている

自動車の保有者には自賠責保険の加入が法律で義務付けられています。
一般道を走る全ての自動車とバイクは自賠責保険に加入しなくてはならず、もし入っていなければ1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科せられます。
また自賠責の保険証明書は常に携帯しなければならず、していない場合は30万円以下の罰金となります。
そして道路交通法の違反になって減点6となり、即座に免亭処分となってしまいます。
自賠責保険に入っていなければ車検も通らず罰金まで課せられてしまいます。
うっかり期限切れになっていた!などということがないように注意しましょう。

自動車保険

自賠責保険の補償は対人のみ

自賠責保険で補償されるのは人間のみとなり、自分の車や建物、相手の車、バスや電車などを壊した場合には、保険金は支払われません。
人への補償は最高4000万円、死亡時は3000万円となっています。
強制加入の自賠責保険は、交通事故の被害者救済を目的としている保険です。
しかし事故によっては破損物の損害賠償が高額になったり、自分が怪我をする場合もあります。
このような場合を想定して、任意の自動車保険に入っておく必要があるというわけです。

自動車保険

自賠責保険では車の所有者も責任を問われる

自賠責保険で補償の対象になるのは人間のみですが、それも「他人」のみとされています。
自賠責保険の「他人」とは、「運転者と運行供用者(車両名義人など)以外」ということになります。
車両の名義人が父親で、運転中に事故を起こし同乗の家族がけがをした場合は、運転者の父親以外の家族が自賠責保険の補償の対象になります。
「運行供用者」とはふつう車の名義人のことを意味します。友人に借りた車で事故を起こした場合は、運行供用者は車の持ち主の友人です。
タクシー運転手の場合は、運行供用者はタクシー会社となります。
自賠責保険は補償額が小さいのですが、事故がおきた場合は、運転者の財産が補償されないうえ、相手の怪我に対して運行供用者まで責任を問われることになります。
このようなことをふまえて、任意の自動車保険や特約にはいっておくことは大事です。

自賠責保険

自賠責保険の期限切れに注意!

車検が近づいたときだけでなく、つねに自賠責保険の期限には気をつけておきましょう。
もし自賠責保険の期限切れ中に自動車事故を起こし、相手が怪我をした場合、相手への補償はすべて自己負担となってしまいます。
また任意保険に入っている場合でも、自賠責が切れていた場合は、高額な自賠責分の保険金を自腹で負担しなくてはならなくなります。

自動車保険をもっと知る
適切な自動車保険の金額とは?
保障額はどれくらい?
特約でしっかり守る
保険業界用語
おすすめサービス
このサービスを利用した人は、他にもこんなサービスを参照しています。
  • 引越し見積り
比較.comの引越サービスなら引越料金も内容も楽々比較!

  • 生命保険
保障内容・保険種類から"無料"で一括資料請求できます!
比較.comからのお知らせ
比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

24

GC`[

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.