運転者も安心の搭乗者傷害保険 - 比較.com

 

比較.com > 自動車保険 > 搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険とは?

搭乗者傷害保険では同乗中の全員が対象

搭乗者傷害保険とは自動車事故の際、被保険車の運転者や搭乗者に支払われる保険です。運転者だけでなく助手席に乗って怪我をした人や、同乗者も対象になります。搭乗者傷害保険では契約者本人とその配偶者、契約者の同居家族はもちろん、同乗している他人まで、車に乗っていた全員が補償を受けられます。
自動車事故でけがをして入院や通院した場合は、入院と通院を日額計算で計算した定額が、すぐに見舞い金として振り込まれます。自賠責保険や相手側からの損害賠償金が支払われている場合でも、搭乗者傷害保険が保証されます。また契約者に100%過失があった場合でも、単独で起こした事故でも請求が可能です。

搭乗者傷害保険の定額払い

搭乗者傷害保険では、あらかじめ契約時に定めた保険金額を補償します。支払方法には「定額払い」「日額払い」の2とおりあり、契約時にどちらかを選ぶことになります。 搭乗者傷害保険の定額払いでは、怪我の「部位」「症状」、そして入院や通院の日数によって保険金額が決まります。たとえば通常治療の範囲内ならば「治療給付金」として1回治療につき1万円、5日以上の治療になると「入通院給付金」として補償が支払われます。
搭乗者傷害保険では、保険会社によって対象となる症状や支払われる金額が違います。たとえば店員オーバーしていたり荷台に乗車していた場合、地震や噴火、津波の場合は、保険が支払われません。しかし車の乗降時にすべって怪我をしたときなどは、補償の対象になる場合とならない場合があります。自分の契約している搭乗者傷害保険がどのようなケガに対して補償されるのか、よく確認する必要があります。

搭乗者傷害保険の日額払い

搭乗者傷害保険の日額払いでは、病状に関係なく1日の入院当たりの保険金額が支払われます。1日の入院当たりの保険金額は契約時にあらかじめ決めておくことになります。以前は多くの保険会社がこの日額払いとしていましたが、最近では「部位」「症状」で補償する定額払いにしている会社がほとんどです。

搭乗者傷害保険の請求は

搭乗者傷害保険は、被害者・加害者がそれぞれの自分が乗っていた車の加入している保険会社に請求します。保険金額は大きくありませんが、過失割合に関係なく治療が終わった段階で、すぐに定額で入院や通院の費用が支払われるのが便利な点です。事故によるむちうちなどの後遺障害保険金なども支払われます。もし万が一事故にあってしまった時には忘れずにすぐ請求するようにしましょう。

自動車保険をもっと知る
適切な自動車保険の金額とは?
保障額はどれくらい?
特約でしっかり守る
保険業界用語
おすすめサービス
このサービスを利用した人は、他にもこんなサービスを参照しています。
  • 引越し見積り
比較.comの引越サービスなら引越料金も内容も楽々比較!

  • 生命保険
保障内容・保険種類から"無料"で一括資料請求できます!
比較.comからのお知らせ
比較.comに掲載している価格情報は、新旧税率の価格が混在している場合がございます。
掲載価格や税率に関しましては、必ず各社のウェブサイトでご確認いただき、不明な点は直接各企業へお問い合わせください。

24

GC`[

Copyright (C) 2017 Hikaku.com All rights reserved.