【カナダドルの強み】天然資源が非常に豊富な資源国 - 比較.com

▼資源国通貨

カナダの最大の魅力は農林水産業に加え石油や鉱物などの天然資源が非常に豊富な資源国であることです。
石油の埋蔵量はサウジアラビアに次いで世界第2位を誇っており、発行国債は最高格付けであるAAAを得ているのも特徴的です。

FXでは保有通貨の国力や安定力がレートに大きく左右してきますので、大きな利益を得ようと考えているのに、国事態が経済危機に陥っている状況では膨大な損失に繋がってしまいます。その点カナダの場合は、潤沢な原油などによる資源のお陰で経済状況は非常に良好ですので、経済危機に対して非常に強い国、安定している通貨と言えるでしょう。

尚、産油国であるカナダは、原油価格に経済に影響をもたらします。
よって、カナダドルでFXを行う場合原油価格のレートをしっかり抑えることで、レートの動向が見えてくるでしょう。

▼米ドルと似ている

カナダは米国経済と深くかかわりを持っており、カナダドルは米ドルと同じような値動きをする傾向があります。
流動性が大きく、レートも安定しているので、資源国通貨として国際分散投資の対象として取り入れやすいのが特徴的です。
ただ、カナダの政策金利は米国への依存度が高いため、米国の政策金利に連動して左右されます。

米国で地政学的なリスクが発生した場合、避難通貨としてカナダドルが買われることが多く、有事のカナダ買いとも言われています。
原油高が進んだ場合、米ドルは売りに出されますが、カナダドルは資源国通貨のため買いの需要が高まります。

カナダデータ

▼カナダの潤沢な天然資源

カナダは原油だけではなく、天然ガス、石油、金、石炭、銅、鉄鉱石、ニッケル、ウラン、
亜鉛などといった天然資源が潤沢にあるのが特徴的です。

米国の情勢に左右されやすいのがカナドルの特徴なのですが、2005年度あたりから米ドル/円のレートは下落する一方なのに対し、カナダドル/円のレートが上昇するケースが見られるのは、原油価格の高騰や、貴金属の相場高騰の影響が顕著に現れたと言えるでしょう。

カナダデータ
GMOクリック証券

Copyright (C) 2016 Hikaku.com All rights reserved.