成行注文は為替動向を観察しながら利用する方法 - 比較.com

成行注文とは

成行(なりゆき)注文とはプライスオーダー(マーケット・オーダー)のことで、現在表示されているレートで売買する注文方法です。

例)(USD/JPY) 100.00(BID)−100.05(ASK)の場合、
購入する場合は100.05、売却する場合は100.00で約定されます。

自己資本規制比率と金融商品取引法

成行注文はFXの取引で最も基本的な注文方法で、取引が早いのが特徴的です。

メリット・デメリット

[メリット]
成行注文はレートを指定しないため、為替相場の値動きを見ながら注文を出せますし、レートを指定する手間が省けるため、取引が成立しやすというメリットがあります。

[デメリット]
注文した時点での価格は確約された価格ではなく、(タイムラグが生じてしまうためです。)
注文時と約定時には1銭〜5銭程度の値幅が生じる場合があります。

このことをスリッページと言いスリッページが生じた場合、売り注文の際は指定したレートよりも安く売られてしまい、買い注文の際は指定したレートよりも高い価格で取引が約定されてしまいます。
FX会社のシステムや、使っているPC環境でラグができてしまうもので、スリッページが絶対に起こらないというシステムは現実的には難しく、全てのFX会社で大なり小なりスリッページが起きてしまう可能性はあります。

勿論被害は最小限に留めるべきですので、成行注文を行う場合は、システムが安定している会社を選ぶことをお勧めします。
また、レートを指定しないため思っていた以上に高い価格で買い注文が成立してしまったり、安い価格で売り注文が成立してしまう場合があります。

注文方法

成行注文には様々な種類の注文方法がありますので、状況に応じて使い分けることをお勧めします。

・ストリーミング注文
ストリーミング注文は、画面上に表示されている金額取引を行う方法です。
現在の為替価格でピンポイントで発注することができます。
クリック1つで即座に注文が約定されるため、ミスのない決断力・選択が必要となります。

・プライス成行注文
プライス成行注文は、一定時間(数秒間)為替レートを固定させ取引を行う方法です。
スリッページが起きないため安心して取引を行うことができますが、レートが許容幅を超えて変動した場合注文がキャンセルされる場合もあります。

・ダイレクト成行注文
注文発注後にレートの変動があった場合、有利な価格であればそのまま約定されますが、不利な価格であれば無効となる注文方法です。

GMOクリック証券

Copyright (C) 2016 Hikaku.com All rights reserved.