【簡単】IfDone(イフダン)注文は指値注文の進化版 - 比較.com

IfDone(イフダン)注文とは

IfDone(イフダン)注文とはIFDとも言われ、もし注文が成立したらと言う意味があります。
つまり、もし注文が約定した場合、次の決済注文まで同時に出しておけると言う注文方法になります。

そのため、IfDone注文では必ず新規の注文と決済の注文がセットになります。
通常、決済注文を出すには、決済する対象のポジションを保有していないと決済注文は出せませんが、IfDone注文は、2段構えの注文方法によって可能となります。
(新規注文が約定してから、決済へとなりますので、先に決済注文が約定されることはありません。)

IfDone注文とは

通常の決済注文を出す場合、取り引きが約定するのを待ち続けなくてはいけず、ポジションが構築されてから決済注文を出す間にもレートが大きく変動してしまうなど、予期せぬ損失が発生してしまう可能性もありますので、それらのデメリットをIfDone注文をすることによって予防することが可能となります。

決済注文には、利食いのための指値注文及び損切りのための逆指値注文のどちらかを選択します。

例1)1米ドル=100円で取引されている場合
なるべく安く手に入れたいと思い、98円で買い指値注文を出します。
そして、この注文が約定した際に損失拡大を防ぐため97円で逆指値注文を出します。

この一連の流れをIfDone注文することによって98円での買い注文の後、97円での逆指値決済注文が自動的に行われるため、あっという間にドルが95円になってしまったとしても、97円で売り抜けているため損失を抑えることに成功します。

IfDone注文とは

例2)1米ドル=100円で取引されている場合
ドルは99円〜101円の間でもみ合っており、1米ドル=99円になった時点で買い注文を行い、1米ドル=101円になったら決済注文と言う風にIfDone注文をすることで、利益を確定させることが容易になります。

終始PCの前にいてリアルタイムに取り引きが行えないという場合は、IfDone注文を上手く使いこなすことで、リスクの軽減や、利益確定に繋がりますのでお勧めです。また、FX初心者の方は損失を抑える目的として使い始めるのが分かりやすいかと思います。

IfDone注文とは

メリット・デメリット

[メリット]
IfDone注文注文と決済がセットになっているため、急激なレートの変動による損失が抑えられることと、常にレートを見ている必要がないため時間のない時でも自動的に売買が行えます。

[デメリット]
利食いのための指値注文か損切りのための逆指値、どちらかしか決済注文を選ぶことができないため、レートが真逆の方向性へ進んでしまった場合、指値注文の際は損失が進む可能性がありますし、逆指値の場合は利益が出ても決済されることはありません。

また、自動的に注文・決済を行えるのがメリットですが、レートに達しない限り注文が執行しないため、相場のレートとかけ離れたレートを指定した場合何時まで経っても取り引きが行われないという場合もあります。

GMOクリック証券

Copyright (C) 2016 Hikaku.com All rights reserved.