比較.com FX比較の≪FX基礎知識≫ FXにおける金融商品取引法について - 比較.com

金融商品取引法

外国為替証拠金取引は、金融商品取引法に定められているデリバティブ取引(金融派生商品を用いた取引)です。そのため、外国為替証拠金取引を行う場合は、金融庁へ登録されている業者のみ行う事が可能です。未登録の業者がFX会社を起こした場合は違法のため、規定により罰せられます。また、FX会社の人が訪問及び電話などで勧誘する行為(不招請勧誘)も法律で禁じられています。健全なFXを行う上で悪質な業者は妨げになりますので、即座に通報し業務停止命令を待ちましょう。

金融庁への登録状況は、免許・許可・登録等を受けている業者一覧にて、エクセル及びPDFファイルにて金融商品取引業者が開示されております。自己責任のもと、しっかりと確認した後、取引に臨んでください。

投資家への注意喚起

例え金融庁に登録されているFX会社であっても、取引を開始するには慎重を期すべきです。信託保全や、自己資本規制比率、実績、会社の規模などを充分に鑑みて取引を介するようにしましょう。また、外国為替証拠金取引はリスクがあることを認識し、運用しましょう。(金融商品取引法で、必ず儲かるなどと言って契約を締結させることは禁じています。)

FX会社は、業務実態や財産の状況を記載した書類を事務所に設置することが義務付けられておりますので、情報の開示を拒むような会社は安全性が著しく低いものと思われます。注意しましょう。加えてもう一点、出金に時間がかかりすぎるFX会社も健全なFX会社とは言えません。(振り込み処理などを考えて1〜2日以内が妥当です。)

少しでも怪しいと感じたら、リスクを低減させるためにも即座に問題解決を行いましょう。

金融庁が警告するリスク

信頼できる業者であってもFXを行う上で様々なリスクが発生します。事前にリスクを確認し、納得した上でFXを始めることを薦めると共に、リスクを回避できるよう充分に留意しましょう。

相場変動リスク

為替相場は相場のため、価格は常に変動します。変動によっては損失を受けるというリスクが生じます。

金利変動リスク

通貨ペアの金利水準(政策金利)が変動することで損失が生まれるリスク

流動性リスク

取引量が少ない通貨に対して、取引が不成立になるリスク

システムリスク

インターネットを介した取引の場合、例えば自分のPCの不調、FX会社が運営するサーバーのダウン、発注、悪意ある第三者による情報漏えいなどあらゆるリスクが想定されます。

信用リスク

FX会社が倒産してしまった場合、証拠金を回収できなくなる恐れがあるリスク回避するためには、「信託保全」されているFX会社を選びましょう。

第3回 簡単に分かるサブプライム問題とは?
第5回 自己資本比率とは
GMOクリック証券

Copyright (C) 2016 Hikaku.com All rights reserved.