比較.com FX比較の≪FX基礎知識≫ FX会社を徹底比較して、最適なFX会社を選ぼう! - 比較.com

FX会社の選び方

FXを始めるにあたって1番最初に行うことは、口座を開設するためのFX会社を決めることです。しかし、FX会社がありすぎてどの会社に決めればいいのかと迷ってしまう方もいるでしょう。まずは、FX会社の選び方についてご紹介します。

FX会社の選び方

自分の行いたいトレードスタイル・取引条件・サービスなども重要なことですが、大切な資産を運用するのですから安心かつ安全、信用できるFX会社を選ぶことが大切です。そこで重要なのが、信託保全を採用している会社を選ぶことが大切です。信託保全とは万が一FX会社が破綻してしまった場合でも、資産額に応じて預けた資金が返還される制度です。

次に着目していただきたいのが、自己資本規制比率です。自己資本規制比率とは、固定化されていない自己資本割をリスク相当額で除して算出するもので、FX会社はこの比率を120%以上に保つ必要があります。160%〜500%の比率を維持している会社であれば問題ありません。逆に120%を下回っているFX会社を選ぶことはお勧めできません。

トレードスタイルで選ぶ

リスク管理をしっかり行い、自分の投資スタイルを確立することが大切です。

スイングトレード

数日間かけてトレードを行うものである程度の利幅を狙うことができます。

スワップ

長期間かけてじっくりと利益を得ようと考えている人はスワップをお勧めします。長期の運用になるため、会社が安定していることが最も大切です。

デイトレード

薄利多売で利益を得ることができるトレード方法です。タイミングを見誤ると損失が大きくなってしまうため、素早い判断と、的確な操作が重要となります。使用しているPCのスペックや回線速度が低い場合はお勧めできません。

通貨ペアで選ぶ

通貨ペアは、選んだトレードスタイルに大きく左右されます。例えば、短期で変動が激しいものはスワップには向かない通貨ペアと言えるでしょう。

USD/JPY(ドル円)

為替変動リスクが高めですが、情報量が多く取引量が多いことと、米ドルは馴染みがあるため初心者にもお勧めです。

EUR/USD(ユーロドル)

世界で1番流通量が多い通貨ペアはユーロドルで、値動きが分かりやすいという特徴があります。外貨同士のペアのため、ある程度取引になれた方にお勧めします。

AUD/JPY(豪ドル円)

スワップを考えている人はオーストラリアドル円がお勧めです。オーストラリアドルは金利が高く、証拠金も安くて済むのが特徴的です。

第1回 これさえ押さえれば大丈夫! FX・成功の法則
第3回 簡単に分かるサブプライム問題とは?
GMOクリック証券

Copyright (C) 2016 Hikaku.com All rights reserved.