比較.com FX比較の≪FX基礎知識≫ 「スプレッド」の基本知識と注意ポイント - 比較.com

スプレッドとは

スプレッドとは通貨を買おうとしている人が示すレート(Bid)と、売りたいと思っている人が示すレート(AskまたはOffer)の差額のことをスプレッド(spread)と言います。

例)ドル/円  100.10−100.15

この場合100.10がBid、100.15がAsk、スプレッドは0.05(5銭)ということになります。スプレッドは投資家のコストとなりますので、値が低ければ低い程有利になります。

スプレッドとは

例えば、上記のレートで1万通貨購入したとします。
するとスプレッドは500円となるため、往復で1000円が掛かります。売買を繰り返すデイトレードなどでは、スプレッドだけでも相当な額が必要となるのがお分かりいただけることでしょう。そのため取引回数が多いトレードを行いたい場合、スプレッドが小さいFX業者を選ぶことをお勧めします。(※往復とはドル買いをした後ドル売りをするといったような一連の流れのことを意味します。)

尚、日本でのFX取引では主に通貨ペアを日本円と絡ませる人が多いため、スプレッドを0.05という数字表記で表すよりも5銭と呼ぶことが一般的です。

FX会社の利益

FX会社はスプレッドを手数料として利益を確保しており、FX会社が提示する為替レートは、インターバンクが提示するレートを元に提示されています。

つまり取引手数料を必要とするFX会社はスプレッドと併せて手数料を二重取りしていることになります。そうなると手数料無料としているFX会社のほうがとても魅力的に感じられますが、手数料無料のFX会社は、スプレッドの差が大きくなっている会社もありますので、無料という表示に踊らされることなく条件をしっかりと確認することが大切だと言えるでしょう。

1銭の差が大きい

1銭と言われてもあまりピンと来ない人も多いかもしれません。1日5回、1万通貨を取引している人が365日FX取引を続けた場合、2銭のスプレッドで73万の費用がかかります。(1日にスプレッドだけで2000円(往復)の計算です。)1銭のスプレッドの場合は半額の36万5千円で済むため、1銭の差がどれほど大きいかお分かりいただけることかと思います。

勿論、1日の回数や、取引する通貨の量が大きくなればなるほど、スプレッドが低いものに越したことはありません。また、レバレッジをかけることによってスプレッドも同じ倍率だけ上がりますので充分に注意が必要です。

第11回 レバレッジとは
GMOクリック証券

Copyright (C) 2016 Hikaku.com All rights reserved.