FX初心者必見!初めてのFX - 比較.com


FX初心者必見!初めてのFX

近年、注目を集めているFX。最近は主婦やOL、芸能人などが利益を出して話題になるなど、様々な場面でFXというワードを目にしますね。
それでは、FXとはいったいどんな商品なのでしょうか?ここではFXの取引の仕組みや儲けの原理などを解説し、その魅力に迫ります。
FXの基本をしっかり理解し、自分にあったFX会社を選ぶためにお役立て下さい!

FXの概要

■FXとは

FXとは「Foreign Exchange」の略で、日本語では外国為替証拠金取引(がいこくかわせしょうこきんとりひき)と言います。

FXは改正外貨法が施行された1998年に誕生した比較的新しい金融商品です。
外貨預金に比べ、はるかに安い手数料と、いつでもリアルタイムのレートで取引できるのが特徴です。FXで取引する為替市場は土日や休日を除いて世界中のどこかの市場が開いているため、ほぼ24時間いつでも取引できます!

■「外国為替」+「証拠金取引」=FX

FXの日本語である「外国為替証拠金取引」という言葉は「外国為替」と「証拠金取引」が合体した言葉でそれぞれ意味があります。
「外国為替」とは円やユーロ、ポンドやフランなどの通貨を交換することを指します。
また、「証拠金取引」とは、取引するためにFX会社に預ける「担保となるお金」のことを指します。
つまり、まとめるとFXとは「証拠金を担保に、外国通貨の売り買いを行う取引」ということになります。

FXという言葉の意味と、概要についてはご理解いただけましたか? 次は証拠金や為替の仕組みについて説明します。

FXの仕組み

■証拠金とレバレッジ

証拠金とは取引にするために必要な「担保となるお金」を指します。
レバレッジとは本来「てこ」を意味し「少ない資金で大きなお金を動かす」意味で使われています。
証拠金を元に、何倍ものレバレッジをきかせて取引できることこそがFXの最大の魅力です。

例えば、証拠金が10万円、これに10倍のレバレッジをきかせると、100万円の取引ができるようになります。
会社によっては何百倍というレバレッジをきかせることもできますが、最近では規制する動きもあります。

■外国為替と交換レート

外国為替とは円やユーロ、ポンドやフランなど各国の通貨を交換することを指します。
為替レートとは、その交換比率であり、「1ドル=100円」というように表現されます。
FXでは外国為替の交換レートに変動があった場合に利益を狙うことができ、為替レートの変動によって生まれた利益を「為替差益」といいます。

例えば、「1ドル=100円」のときに買い、「1ドル=101円」のときに売れば1円の利益が出ることになります。

■FXの利益の仕組み

ここから、FXの利益の仕組みの説明になります。
まずは一番基本的な「為替差益」による利益の仕組みです。FXの取引は「買い」でも「売り」でもはじめることができますが、必ず反対の売買を行い手仕舞いをする必要があります。「買ったら売る」「売ったら買う」ということですね!
取引の仕組みを理解するためには「証拠金」「レバレッジ」「外国為替」「為替レート」の意味を理解している必要があります。

<FXの利益の仕組み 基本>
まず、FX会社に口座を開設し、証拠金を「10万円」入れたとします。そして10万円の証拠金を元に米ドルを買うことにします。
このときの為替レートを「1ドル=100円」、レバレッジを「10倍」きかせると、100万円で取引することになります。「1ドル=100円」で100万円分を買うことになるので、1万ドル買えることになります。取引後は1万ドル持っている状態になります。
この後、為替に動きがあり「1ドル=110円」となりました。
このとき、手元の1万ドルを売ってしまえば、110万円となり、10万円利益が出ます。
反対に「1ドル=90円」になっていたら、10万円の損失が出て、証拠金が無くなります。
これが「為替差益」によるFXの利益の仕組みとなります。

<FXの利益の仕組み 空売り>
FXでは「売り」からスタートすることもできます。
下がりそうな通貨を持っているものとして「空売り」することからスタートし、下がったときに買い戻すことで「為替差益」を狙います。

以下、売買の例です。「売り」から始まるトレードの仕組みです。
証拠金10万円、為替レート「1ドル=100円」の時、レバレッジを「10倍」きかせてドルを売ることからはじめます。レートから考えると100万円で、1万ドルの取引が可能です。
取引後は「1ドル=100円」で1万ドル売ったわけですから、100万円持っていることになります。
この後、為替に動きがあり「1ドル=90円」となりました。この時、ドルを買います。
ドルを売って得た100万円でドルを買うと1.11万ドルになりますから、先に売った1万ドルを返しても1千ドル以上、日本円で約10万円が利益として残ることになります。 これが「空売り」からはじまる「為替差益」によるFXの利益の仕組みとなります。

-もしもの話-

いずれの取引でもレバレッジを100倍きかせていたら、10円の変動で100万円の利益や損益が出ることになります。
このように少しの証拠金で多額の運用が実現のがFXの魅力であり、瞬時に証拠金を失う可能性がある危険な部分です。
もちろん、証拠金を下回らないように「ロスカット」ルールが各FX会社で制定されています。ロスカットルールの詳細についてはFX会社ごとに確認する必要があります。

次では為替差益による利益ではなく、他の方法で利益を上げる方法を説明します。

※FXでの注意「ポジション」
FXでややこしいのが実際に取引しても、通貨を保有している状態ではなく、「ポジションを持っている」状態になると言うことです。
買った状態であれば「買いポジション」、売った状態であれば「売りポジション」となります。
あくまでも10万円を証拠金にして100万円の取引を行っているだけで、100万円を保有しているわけではありません。「ポジション」を持っているのです。

為替差益だけじゃない!FXの収益とは?

FXではスワップ金利といわれる、通貨の金利差を利用した収益があります。
スワップとは、英語で「交換」という意味で、FXでいうスワップ金利とは、異なる金利の通貨売買によって発生する金利差調整分のことです。
金利の安い通貨で金利の高い通貨を買えば、その金利差分の利益を「毎日」得ることができます。スワップ金利は日々更新され、また通貨ペアや取引会社によっても受け取れるスワップ金利が異なるため、こまめなチェックが必要です。

FXでは、このスワップによる着実な収益を目的とする「スワップ派」と、積極的に売買差益を狙う「トレード派」に分けることができますが、「スワップ派」はもちろん、「トレード派」の中にでさえ、スワップ専用のポジションを持つ投資家は多いといわれています。

取引所為替証拠金取引と取引所為替証拠金取引

FXには、非取引所為替証拠金取引(店頭取引)と、取引所為替証拠金取引(「くりっく365」)の2種類があります。
取引所為替証拠金取引はOTCとも呼ばれ、各取扱会社と投資家が直接取引をするもので、対する取引所為替証拠金取引は投資家が公設市場と取引するものです。
取引所為替証拠金取引は取引会社がどこでも同一通貨であればスワップポイントは同じで、証拠金は取引所が分別保管するため、万一のことがあっても取引所に預託された証拠金は原則全額返却されます。

ここまで魅力をお伝えしてきたFXですが、いかがでしたか?
投資に魅力を感じたなら、まずは取引会社に口座開設をしてみましょう!

GMOクリック証券

Copyright (C) 2016 Hikaku.com All rights reserved.