商品先物取引には資金がどれくらい必要? - 比較.com

 

比較.com > 商品先物取引比較トップ > 商品先物取引には資金がどれくらい必要?


『商品先物取引には資金がどれくらい必要?』

商品先物取引を行うには、50万円ほどの資金から始めることができます。
株式の場合は「1株あたりいくら?」となり、為替の場合は「1Lotあたりいくら?」となりますが、商品先物取引では「1枚いくら?」という形式で取引を行います。
銘柄は色々とありますが、どの銘柄でも1枚あたりの価格は5万円~15万円ぐらいの間に収まっています。
しかし、銘柄によって1枚当たりの価格は変化してきます。
例えば「金」だと、1枚の価格が現在13万円だとすると13万円あれば取引が可能です。
また、この「価格」のことを「証拠金」といいます。

商品の価格は毎日上下するため、それに伴い証拠金の価格も毎日上下していきます。
例えば、金の1枚あたりの証拠金は数年前まで9万円前後で、さらにその前は1枚あたりの証拠金は6万円前後でした。
これを考えると、金は10年で価格がおよそ2倍になっていることが分かります。
今後も、このまま金の価格が上がっていけば、証拠金も同じように上昇し、逆に金の価格が下がれば、証拠金の価格も下降します。

先ほど「50万円ほど」と言いましたが、商品先物取引を始めるにあたって、1つだけ、注意点があります。
それは、「全ての資金を投資に回さない」ということです。
金に限らず、商品先物取引では1日で投資した金額が半分になったり2倍になったりと、激しく上下するので、投資に回す資金は全資金の20~30%ぐらいに留めておいたほうがいいでしょう。
商品先物取引は「ギャンブル」ではなくて「投資」ですから、闇雲にリスクを背負う必要はありません。

例えば、金の場合だと、最初の取引では1枚にしておいたほうがいいでしょう。
それだけでも、13万円近くの投資になるので、資金の25%近くになります。
それでも、1日の値動きの中で、6万円~25万円ぐらいには、価格が上下することも多々あります。

  • 当ホームページは情報の提供のみを目的としています。投資に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
  • 掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、サイト内情報を利用した結果に対しての責任は負いかねます。
  • 比較.comを運営する比較.com株式会社は金融先物取引業者ではありませんので、勧誘・販売行為は一切行いません。

- PR -

コムテックス

北辰物産

 

公式FBページ

今日のマネ活  今日のマネ活


Copyright (C) 2016 Hikaku.com All rights reserved.