商品先物取引、そこが知りたい 第1回 | 商品先物取引 - 比較.com

 

商品先物取引、そこが知りたい


第1回 トレードの要、取引ツールのトレンドを知る!

いやいや、始まりました、始まりました、「商品先物取引、そこが知りたい」!
記念すべき一回目は「取引ツール」にフォーカスをあててみたいと思います。
すでに取引したい商品も決まり、口座も開設した!でもなんとなく取引が上手くいかない。
そんな方はご一読下さい。

商品先物取引に関わらず、金融の投資・投機ではオンライントレードによって「手数料」や「取引時間」において大きな進化がありました。自分の都合の良い時間に、安い手数料で取引できることで投資・投機が非常に魅力的になったわけです。
商品先物取引の世界でもオンライントレードが一般化して数年経ち、その間にツールも進化しました。
今回は取引ツールの進化を見ながら、優れた取引ツールの見分け方を探っていこうと思います。

取引ツールに求めるもの

リアルタイムであること

取引ツールに求めるものとは何でしょう?
操作性や見易さはもちろん大事な要素ですが、最も重視すべき点は「売買のタイミングを裏切らないこと」「正確なマーケット情報が提供されていること」に尽きます。
売買の際、注文にタイムラグが発生したり、正確に機能しないなどの不具合が生じては、投資のタイミングを逃してしまい兼ねません。
同じように信頼できないマーケット情報を元に投資するわけにもいきません。
この2点が高度に満たされていれば、取引ツールとしては基本能力が高いと判断できます。
最近ではリアルタイムのマーケット情報やリアルタイムの注文は当たり前となっていますが、分析ツールは会社ごと、環境ごとに異なる部分も多いので、取引ツールを比較してみると意外な発見があるかもしれません。

取引ツールに望まれるもの


投資の機会を最大限に生かせること

取引ツールはライフスタイル、取引スタイルに合わせて考える必要があります。
最近は取引ツールも多様化し、様々な取引機会に対応できる環境が整っています。

オンライントレードも最近は多様化し、インストール型のアプリケーションではなく、インターネットブラウザを用いたwebベースのもの、モバイルに対応したものまで色々です。

操作のレスポンスという面では、インストール型のアプリケーションに強みがある一方、実際に利用する場合、ソフトウェアがインストールされていない環境では取引が出来ないという問題点があるため、常に同じ環境で取引できる方で無いとインストール型のアプリケーションは向いていないといえます。
それに対しwebベースの取引ツールやモバイル対応の取引ツールはインターネット環境さえあればいつでも投資のチャンスが確保できます。

それぞれのツールの特徴を理解することで、いつでも正確な情報を入手し、投資機会を逃すことなく取引をすることが可能になります。

  • 当ホームページは情報の提供のみを目的としています。投資に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
  • 掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、サイト内情報を利用した結果に対しての責任は負いかねます。
  • 比較.comを運営する比較.com株式会社は金融先物取引業者ではありませんので、勧誘・販売行為は一切行いません。

- PR -

コムテックス

北辰物産

 

公式FBページ

今日のマネ活  今日のマネ活


Copyright (C) 2016 Hikaku.com All rights reserved.