商品情報「ガソリン」 - 比較.com

 

比較.com > 商品先物取引比較トップ > 商品情報「ガソリン」


商品情報「ガソリン」

ガソリンの価格が変動する重要な要素の一つは、原油の価格。
というのも、原油からガソリンが作られるため、原油の価格がガソリンの価格にほぼ直結しているからです。

現在、経済面で急成長を遂げている人口第一位の国「中国」。
人口増加に比例し、消費が急増しています。
ガソリンは技術の進歩によって年々産出量が増加していますが、産油国の中には埋蔵量の半分以上を生産してしまったという国も。
枯渇するのは時間の問題だろうとの噂も耳にします。

全体的に需要も供給も上昇傾向にあるガソリンは、商品としては非常に優れておりますが、現在は供給が不安な状態と言えます。
今では、原油やガソリンに代わるエネルギーも開発されつつあり、「エコカー」などもその部類に入ります。
電気自動車やハイブリットカー、今では海底から産出されるメタンハイドレードをエネルギーに変換しようという開発もされています。
いずれは枯渇してしまうものですが、年々、原油価格は上昇しています。

今はガソリンを1枚購入すると、証拠金に85,000円程度かかります。
ガソリンは値動きが激しい商品の一つのため、ガソリンを1枚購入して1週間後には85,000円が20万円になっていたり2万円になっていたりと、かなり価格の激しい商品です。

長期的視点からは上昇傾向にあるガソリンですが、短期〜中期ぐらいの期間であれば値動きが激しいため、注意が必要です。
長期的に値が上がるからと「買い」ばかりに視線がいってしまうと中短期の値下がりで、損失を出してしまうことが多々あります。
ガソリンを長期で保有するには、「長期」ではなく「超長期」で保有するぐらいの気持ちがないと、損失が出てしまうかもしれません。

また、世界的規模で物事を見たときに、原油産出国の近くで「戦争」や「内戦」が起こると、原油価格が高騰する傾向にあります。

  • 当ホームページは情報の提供のみを目的としています。投資に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
  • 掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、サイト内情報を利用した結果に対しての責任は負いかねます。
  • 比較.comを運営する比較.com株式会社は金融先物取引業者ではありませんので、勧誘・販売行為は一切行いません。

- PR -

コムテックス

北辰物産

 

公式FBページ

今日のマネ活  今日のマネ活


Copyright (C) 2016 Hikaku.com All rights reserved.